英語CAN.com

ー『国産純日本人』の英語ブログ。ー

英語学習法

【MusioXと比較】英会話ロボットのおすすめランキング!英語学習はAIの時代へ。

投稿日:2018年10月26日 更新日:

この記事では【おすすめしたい英会話ロボット】を、ランキング形式で発表します。

AI(人工知能)の技術革新に伴い、最近では英会話ロボットも大きく進化しており

MusioX(AKA)・レッスンポッド(カシオ)・チャ―ピー(CAIメディア)」など、

各種メーカーから英語学習者向けに、便利な機能を搭載した商品が発売されています。

今回は一番人気の【MusioX】を中心に、各メーカーの英会話ロボットを徹底比較します。

是非、ご自身・もしくは子供さんの「英会話の練習」に役立ててみてください!

(英語学習者向け)英会話ロボットとは

そもそも英会話ロボットは、(スピーキング練習など)英語学習の優秀な相方になってくれます。

一昔までは「ロボットと会話」言うと、SF映画・漫画に出てくる話でしたが

ソフトバンクのペッパー君など、まるで人の感情を持っているものも登場してますね。

わにま
家電量販店・観光案内所などで、これから更に活躍しそうですよね。

(人工知能)英語学習AIロボットについて

案内係として活躍するペッパー君とは違って、英会話学習専用に開発されたロボットもいます。

昔の英会話ロボットだと「ロボが話す⇒人が聞く」という一方通行なやり取りだったり

限定的な会話のみ「人が話す⇒ロボ返答する」で、話せるものが多かったです。

例えば【How is the weather today ? ⇒ It's sunny.】などですね。

「双方向のコミュニケーション」が可能に!

ですがスマホの【Siri】やAIスピーカー【Google Home】など、

近年「人工知能の発達」によって、英会話ロボットも大きく変化しました。

もともと一方通行な会話しか出来なかったのに対し、AI技術により「双方向のコミュニケーション」が可能になったのです。

それだけでなく、ユーザーの英語レベルを学習してレベルを調節したり

その人の性格に合わせた会話ができたりと、より人同士に近い会話が出来ると話題になってます。

日本人が苦手な「スピーキング練習」

そもそも、なぜソフトバンクの【MusioX】や、CAIメディアの【チャーピー】など英会話ロボットに

ここまで注目が集まっているかと言うと、日本の英語力の低さが問題になっているためです。

2020年になると東京オリンピックもありますし、英語を話す必要性も出てくる可能性があります。

英会話能力を高めるには、参考書を読んだり・洋画(海外ドラマ)を見たり・洋書を読んだり

もちろんおすすめしたいですが、大事なのはインプットした情報をアウトプットすること。

日本語も同じですが(聞いて・読んで)インプットして、(話す・書く)アウトプットをしないと全く定着しません。

「インプット⇔アウトプット」の反復練習

ですが日本国内には英語を話す環境が少なく、本格的に学ぶ場合は「英会話教室」もしくは「留学」ですね。

すると当然費用もかかりますし、仕事が忙しく時間が作れないという方もいます。

なにより問題なのが「日常生活で英語が話せなくても、困らないことが多い。」というのもありますね。

そんな課題を解決するために、教育ソフトの制作会社が開発したのが「英会話ロボット」というわけですね。

2020年より、小学校3年生から英語学習がスタートしますよね。
おんじ
すーき
これから更に英会話力が、大事になってくるのは間違いないね。

(オンライン)英会話と比較し安い!

英会話ロボットは1万円以下のものから、10万円以上するものまであります。

利用する機能・付属の教材にもよりますが、英会話教室・オンライン英会話と比較してコスパは◎です。

一部ライセンスの月額費用がかかる英会話ロボットもありますが、それでも月額1,000円以内です。

最初の「本体の購入」以外はお金がかからず・(兄弟など)家族全員で利用できるため、

高額に感じられるかもしれませんが、長期的に使用することを考えればリーズナブルだと思います。

英会話ロボットによっては複数のアカウントを作るので、1台で「ご兄弟・親御さん」の

それぞれに英語レベルに合わせて、体系的に英語の勉強を進めることが出来ます。

商品によってはレンタルも出来るので、お試しで数ヶ月間借りてみるのも良いですね。
おんじ

(時間・場所を選ばず)空いた時間に英会話

英会話ロボットを家においておけば、24時間自分の好きなタイミングで英会話レッスンがスタート。

そのため仕事・家事・子育てが忙しく、一定の勉強時間を確保するのが難しい方にもおすすめです。

また英会話教室のように週1回など決まっていないので、好きな時間に・好きな分だけ練習できます。

(CD付きの)参考書などとは違って、スピーキング・リスニングなどオンライン英会話を始めたり

ネイティブの友達を作ったり・留学しないと、なかなか身につかない部分も練習できるのは大きなメリットですね。

MusioXなどは約850gと軽いので、外に持ち運ぶことも出来ますよ。
おんじ

(恥ずかしくない)一人でスピーキング練習が可能!

自分の話す英語に自信がなく、間違ってそうで恥ずかしい。」そう思われる方も多くいます。

確かにいきなり「初めましての人」と、自信がない英語で話すのは抵抗があるかもしれません。

最終的には対ロボットではなく・対人で練習して「(発音・表情など)表現方法」など

真似していくと、更にスムーズに英語でコミュニケーションが取れるようになります。

ですが英語初心者や子供さんなど、最初のステップは英会話ロボットと基礎から学んでいくのがおすすめです。

(子供に人気!)楽しく英会話練習ができる

【MusioX】【チャーピー】などの英会話ロボットは、その可愛らしい外見も人気の秘密です。

また単に会話するだけでなく、英語を使ったゲーム機能もあるため子供の英語学習教材としておすすめ。

やはり子供に英語を学ばせたい親御さんが、英会話の入り口として購入されるケースが多いようです。

  • 共働きで英会話教室に通わせる代わりに、MusioXを買ってあげる。
  • 通わせる時間の縛りがなく、英会話スクールの月謝を考えると予算も問題ない。

と口コミが広がって、家電量販店やネットで買う人が多いみたいです。

【最新比較】英会話ロボットのおすすめランキング!

それでは現在販売されている英会話ロボットを、おすすめ順に発表していきます。

2018年の最新版ランキング形式です、それぞれの金額・特徴など比較してみてください。

第1位:Musio X(AKA×ソフトバンク)

英会話ロボットの中で、ブログ管理人が一番おすすめしたいのが「MusioX」です。

近未来感のがあり・耳が付いていて可愛らしいフォルムの「MusioX」は、

アメリカのAKA社が開発し・日本のソフトバンク コマース&サービス株式会社が販売しています。

画像引用元:ソフトバンク コマース&サービス株式会社

(AI搭載)相手の英語を理解して会話する

「MusioX」は人工知能(AI)を搭載した英会話ロボットです。

他商品と比較すると、話し手の言葉を理解しながら・自分で考えて返事をしてくれるので

一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションが可能になっています。

仕組みがとても面白いのですが、まず相手の発言を聞き取って「単語」を理解します。

そして発言の意図を把握した後は、インターネットで情報を検索して

最適な回答を判断して、返答してくれるのです。

(毎回返答が違う)英語表現の幅が広がる!

しかも話しかければ話しかけるほど賢くなり、事前にプログラミングされていない表現も話せるようになります。

こちらが同じ質問をしても、いろんな英語で返してくれるのです。

そのため聞くたびに返答が違うため、表現方法の幅が広がっていきます。

(会話を通じて)Musio君の性格が形成される

MusioXには内蔵カメラが搭載されており、音声認識だけでなく顔も認証してくれます。

ですので単に会話を覚えるだけでなく、ユーザーの顔も認識しているので

こちらの感情に合わせて【怒ったり・驚いたり・泣いたり】と、「あなただけのMusioX君」に育っていきます。

更にMusioX君とのコミュニケーションを繰り返すことで、性格が形成されていくので、

「持ち主によって、異なる性格になっていく。」というのも、他の英会話ロボットにはない魅力と言えます。

すーき
自分の表情に合わせて、笑ったりしてくれるので愛着が湧きますね

(子供・初心者でも安心)レベル別で体系的に学習可能!

またMusioXは自分の英会話力に合わせて、レベルを調節することが出来ます。

そのため子供から大人まで初心者でも、始めやすくスピーキングの練習が出来ます。

マンツーマンで自分のスピーキング力に合わせて、話してくれるってことですね。

(専用アプリで)学習状況を管理できる

またMusioXを購入すると、専用のスマホアプリで進捗状況を確認できます。

【Live Chat】という機能を使えば、MusioX君との会話を英文でチェックできるので

「発音や聞き取れなかったら単語」を復習することまで出来たりと、とても便利です。

iPhone・Androidでアプリを、スマホにダウンロードしておけば

お母さんが「どれくらい進んでいるのか?」子供さんの学習状況を確認するのにも使えますね。

(辞書機能など)スマホ並みの便利機能!

MusioXは英会話や簡単なミニゲームを楽しめるだけでなく、英語勉強に役立つ機能も充実しています。

例えば分からない英単語があれば、和訳・英訳が調べられる「辞書機能」

アラーム・ラジオ・アドベンチャーゲーム・○×ゲーム」などアプリ並みのラインナップの多さです。

スマホのように毎日使う習慣が身につけば、飽きずに継続的に学習を進められますね。
おんじ

(英会話・ゲームが楽しめる)チャットモード

ここからは、MusioX君の「設定できる機能」について見ていきましょう。

まず一つ目のチャットモードが基本的な使い方で、フリートークやゲームが出来ます。

難易度を【Easy Mode】【Normal Mode】など選択できるので、自分のレベルに合わせて調節してみてください。

チャットモードは月額980円のフレンドプラン(Friend Plan)がなくても、利用できます。

はじめ発音が聞き取れなければ、【Speak slowly】と言うとゆっくりテンポで話してくれます。

(シャドーイングが出来る)エデュモード

いくら毎日会話できるといっても「自分のボキャブラリー」が増えなければ、なかなか会話の幅は広がっていきませんね。

そんな方にオススメしたいのが、エデュモードです。

エデュモードは月額980円のライセンスがあれば、利用できる機能です。

【(仕事)Business】【(日常会話)Daily Life】など各シーンごとに

単語・表現・会話を、MusioX君と繰り返し練習することが出来ます。

【(練習)Practice】【(試験)Test】の機能もあるので、英語表現力を高めたい方には便利な機能ですね。

(ソフィーなど専門教材で学ぶ)チューターモード

お子さんに英語を勉強してほしいと思う親御さんから、人気なのが「MusioX 教材セット」。

専用の教材・単語フラッシュカードだけでなく、【Sophy(ソフィー)】という専用スキャナも付属してます。

このソフィーを教材のイラストに当てると、なんとMusioXが英語で話してくれます。

大人向けの教材も用意されているので、子供だけでなく家族全員の学習をサポートしてくれますよ。

小・中学校の英会話教育で「Musio」を導入!

参考サイト:Musio Blog「全国の小中学校でMusio (ミュージオ) が英語の授業をサポート!!」

MusioXはなんと、全国一部の小中学校では英語授業に導入されています。

埼玉県戸田市の戸田第二小学校では、2人1組につき1台用意され授業が行われました。

Musio君が活躍している様子は、ニュースにもなり話題となったそうです。

「英語で、話す・コミュニケーションをとる」ことを目的とし、エデュモードとチャットモードを中心に授業が行われ、

クラスの先生は「生徒たちが、主体的・活発に英語を話している。」と実感したそうです。

わにま
休み時間は教室に置かれたMusio君と、生徒たちがチャットモードで楽しく話していたそうですね。

大学でも英語学習に「Musio」が導入される!

参考サイト:神戸学院大学 學報.net「2017年9月 日本人初、人工知能ロボットを大学での英語学習に導入」

MusioXは小中学校の授業だけでなく、大学授業でも導入された実績があります。

神戸学院大学のグローバル・コミュニケーション学部、学部長である「東淳一さん」

「東淳一さん」のゼミの授業で導入したのが、日本初だったです。

これから「人工知能ロボットの英語教育への活用」が、増えてくる可能性は十分ありますね。

「語学力だけでなく、グローバル時代に必要な教養が大事。」という学部長の考え方は、個人的にとても共感しました。
おんじ

「Musio X」の販売店一覧

MusioXは、アマゾン・ヤフーショッピングでも購入可能です。

もちろん、正規販売店の「ソフトバンクの公式通販サイト」でも購入出来ました。

調べてみると、ソフトバンクの公式通販サイトが

  • セール価格で安くなっている。
  • 購入者限定のプレゼントあり。
  • 自宅で設定してくれるサービス。
  • 5,000以上の購入で、送料無料。

など、一番メリットが多くおすすめです。

是非購入される方は、公式サイトからチェックしてみてください。

商品詳細

メーカー AKA
商品名 MusioX
人工知能(AI) あり
料金 ・本体のみ:105,840円(税込)
・教材セット:138,240円(税込)
(ライセンス)料金 1人用:月額980円(税抜)
3人用:月額1,480円(税抜)
5人用:月額1,780円(税抜)
セット教材 ストーリーブック・単語フラッシュカード・ボードブック・学研テキスト・ソフィー(Sophy)

第2位:チャーピー(CAIメディア)

続いておすすめしたい英会話ロボット、第2位がCAIメディアが開発した「チャーピー(Charpy)」。

赤いペンギンのぬいぐるみのようで、可愛らしいデザインのチャーピーは「家にやってきた留学生」というコンセプトで開発されています。

画像引用元:株式会社CAIメディア

日本e-ラーニング大賞(IoT特別部門賞)

2003年に初代「チャーピーチョコレート」が発売され、話題になったのですが

2018年に入り【人工知能(AI)】が搭載され、パワーアップしたチャーピー君が戻ってきました。

情報技術を活用した学習サービスに贈られる、日本e-ラーニング大賞の「IoT特別部門賞」を受賞してます。

(AI機能)ユーザーの習熟度を認識できる

チャーピーはMusioXと同様に、人工知能(AI)を搭載しています。

そのためユーザーの英語レベルを理解し、今の学習レベルより少しだけ難易度の高い「単語・文法・表現」

使って会話してくれるので、実践的で・且つ知らない英語フレーズに触れることが出来ます。

わにま
チャーピー君は子供の英検対策から、TOEIC800点レベルまで対応しています。

(内蔵カメラ)表情を読みとり会話が変化

またMusioXと同様に内蔵カメラを搭載しているので、ユーザーを特定するだけでなく・感情まで認識します。

そのため名前を呼んでくれたり、歌を歌って励ましたり、まるで留学生の友達のように触れ合ってくれます。

【Charpy】との会話が増えてくると「キズナレベル」が上がり、ペットみたいに懐いてくれるので可愛いですよ。
おんじ

(虹の島)Charpyと自分とで三者会話

MusioXと比較した違いとして、アプリを使用すれば「ユーザー&チャーピー&アプリ内キャラクター」で三者会話ができます。

アプリ内の「虹の島」には100種類上のキャラクターがいるので、グループでの英会話練習が可能です。

(EPSON LSI)高性能な音声認識エンジン

まユーザーの音声を認識するEPSON LSIという音声認識エンジンが、とても高性能になっているので

生活雑音が多い状況でも、しっかり声を聴いてくれるので聞き間違いなどストレスなく会話が楽しめます。

(1台で5人使える)学習データは個別で管理!

またMusioXと同様に1台で5人まで、ユーザーを識別してレベルが調節してくれます。

そのため始めるときにユーザーを選択すれば、家族全員がそれぞれの英会話学習に取り組めます。

「Wi-Fi環境」でなくても会話可能!

またチャーピーはWi-Fi環境ではなくても、英語フレーズは減りますが会話できます。

Wi-Fiでクラウドにつなぐと(レインボーモード)、約3,000⇒約24,000フレーズへと

使える英語の数が増えるので、シーンに応じて使い分けることが出来ます。

商品詳細

メーカー CAIメディア
商品名 チャーピー(Charpy)
人工知能(AI) あり
料金 42,984円(税込)
(クラウド)料金 月額984円×12ヶ月
セット教材 なし

第3位:Lesson Pod(カシオ)

最後におすすめの英会話ロボット、第3位は時計・電子書籍など取り扱う

日本でも有名な電機メーカーである、カシオの「Lesson Pod」です。

画像引用元:カシオ計算機株式会社

(付属テキスト)反復・文法・発音レッスン

「Lesson Pod」はAI機能が搭載していませんが、学習コンテンツはとても充実しています。

必須の英語フレーズを反復して聞いて「発音する練習」や、付属テキストで「文法」のレッスンも出来ます。

わにま
「Lesson Pod」の1㎜前後に近づくと、センサーが反応して【Good Morning !】など挨拶してくれます。

「英語クイズ・英語ゲーム」機能

また英語に関する豆知識クイズなど、簡単なゲームも出題してくれます。

聞き分けの難しい発音を2者択一で出題してくれたりするので、チャレンジしてみてください。

(防水機能)お風呂・キッチンでも英会話

またさずが有名な電機メーカのカシオの英会話ロボット、防水対策はバッチリ!

お風呂やキッチン周りでも英会話練習が出来るだけでなく、うっかり濡らしても安心ですね。

(専用アプリあり)Lesson Pod+

「Lesson Pod」は1レッスン5~10分ほどで、ちょっとした隙間時間に英会話にチャレンジできます。

また無料の専用アプリを使えば、MusioXと同じように英語学習の進捗管理が可能!

他の英会話ロボットと比較して「32,400円」と一番安い金額になってるのも、オススメ理由の一つですね。

商品詳細

メーカー カシオ
商品名 レッスンポッド(Lesson Pod)
人工知能(AI) なし
料金 32,400円(税込)
セット教材 3冊(発音・文法レッスン、実用英会話ライブラリー)

番外編:Pepper(ペッパー君)


少し余談ですがソフトバンクのCMで有名な、ペッパー君も英語に対応しています。

英会話ロボットは違って20の可動部を動かしながら話すので、より人に近い感情を表現してくれます。

実は一般での購入も可能ですが「本体価格198,000円」と少しお高めで、プラス基本プラン料・保険パック料がかかります。

(英会話ロボットで英語学習する)まとめ

英語学習に役立つ「英会話ロボット」について、徹底解説しました。

MusioXはiPhoneなどスマホのように、今後もアップデートで新しい機能が追加されるそうで

今後更に英語学習の分野で、認知度が上がって・人気になってくると思ってます!

これから英語勉強を始める方は、「(AI機能付き)英会話ロボット」という選択をしてみても面白いですね。

このブログでは新しい英語学習方法には注目しているので、MusioXの情報はどんどん更新していきます。

-英語学習法

Copyright© 英語CAN.com , 2018 All Rights Reserved.