英語学習アプリ

【無料】Grammarly(グラマリー)英文添削ツール。簡単な使い方・評判まとめ!

この記事では【Grammarly(グラマリー)】という、校正ツールについて徹底解説します。

【Grammarly】はiPhone・Androidなどスマホだけでなく、Mac・WindowsなどPCにも追加できる機能で

仕事で使うWEBメールから・プライベートで使うSNSまで、英語文章のスペル・文法・文章構造など

細かくチェックしてくれる、とても優秀なWEBサービスです。

しかも「使い方」もとても簡単で、基本的に「無料」で使うことが出来てます。

今回は普段から【Grammarly】を愛用している、ブログ管理人の「リアルな評判・口コミ」までご紹介します。

スポンサーリンク



「Grammarly(グラマリー)」とは

そもそも日本人がネイティブと話すことに、苦手意識を持つ原因の一つに

自分の【話す・書く】英語が、文法的に正しいか分からない。」というのがあります。

特にビジネスシーンでのメールやエッセイ(論文)・TOEIC・英検の試験などは

「正しい英語」を使用しないといけないシーンですよね。

もちろんネイティブに実際に添削してもらえば早いですが、現実的に厳しい場合もあります。

この文法・スペルって、本当に合ってるの?」と不安になればなるほど、

思考停止してしまい・無駄に時間だけ過ぎてしまいます。

 

無料で使える「英文校正ツール」

そんな英語ライティングに役立つ、便利なツールなのが「Grammarly(グラマリー)」です。

私も「英語学習ブログ」を書いているので普段から、英文を書く機会が多く【Grammarly】はずっと愛用しています。

以前からあったサービスですが、最近になって更に【英語学習ツール】としての機能も改善されパワーアップしています。

【Grammarly】は正しい文法ルールに則り、英文を自動で校正してくれるツールです。

「簡単なスペルミス」はもちろん「冠詞・前置詞の使い方」「くどい言い回しの指摘」まで、細かく対応しています。

 

その他の「英文添削できるWEBサービス」

ブログ管理人が他のWEB添削ツールではなく、【Grammarly】を使っているのは理由があります。

Ginger・1Checker・PaperRater・SpellChackPlus・GrammarCheck」など他にもたくさんありますが、

その中でも【Grammarly】はChrome・Firefoxなどブラウザへの拡張機能や、アプリ対応など使い勝手の良さが違います。

他の校正サービスの中で日本でもメジャーなのが【Ginger】というサイトなのですが、

「英語長文の校正は向かない」という、デメリットがあったりと【Grammarly】には劣ります。

わにま
【Grammarly】は他サービスのようにサイトを開かなくても、テキストを入力すれば自動校正してくれるよ。

 

\無料版でも使える機能が多い/

【グラマリー】公式サイト

※英文のスペルミス・文法をリアルタイムで添削。

 

Grammarlyの「使い方まとめ」

「Grammarly」に登録する

まずは【Grammarly】の導入方法について、見ていきましょう。

「パソコン」の場合は

  1. 公式サイト(TOPページ)にアクセスする。
  2. 【Get Grammarly It's free】をクリック。
  3. Web版の専用アプリをダウンロードする。
  4. 会員登録を行い、管理画面にログイン。

だけで完了です。

クレジットカード情報の入力など、面倒な手続きは一切不要で利用できます
おんじ

 

あとは「テキスト」をアップロードするだけ!

ここからは実践編で、英語で書いたエッセイを添削してもらいましょう。

「NEW」をクリックして、後はコピー&ペーストで文章を貼り付けます。

※もしくはWordなどテキストファイルを、アップロード(Upload)します。

一度チェックした文章は保存しておいて、復習で見返すようにしましょう。

癖で間違った文法・スペルで英文を書く度に、Grammarlyにミスを指摘されるので

次は間違って書かないように、と意識しながら取り組みましょう。

 

「間違った英単語・文法」は赤字に

左側に英文を入力すると、間違った文法を使った箇所は赤字の下線が表示されます。

それぞれの赤線箇所をクリックすると、間違いごとの改善提案と解説が出てきます。

待ち時間は、ほとんどないのに【正解・不正解パターンの例】付きです。

 

(Web版)GrammarlyをWordで使う方法

ここからはWordに書いた文章をGrammarlyに添削してもらう方法を紹介します。

普段からWordで英語の文章を書く機会が多い方は、是非活用してみてください。

 

(Wordを開いて)Grammarlyを起動

Grammarlyは一度パソコンのダウンロードしておけば、Wordにも自動で機能が追加されます。

そのため使い方はとても簡単で、Wordを開いて"Grammarlyの機能をオンにする"だけでOKです。

タブ内の「Grammarly」をクリックして、その下のタブで「Open Grammarly」をクリックします。

 

(Grammarlyの)添削内容を確認する

すると英文の誤字脱字・文法ミスを"赤線"で表示してくれ右側に添削内容を表示してくれます

緑色のボタンに「正しい表現」が書かれており、その下に「間違っている理由」が書かれています。

その右側の「…」をクリックすると、詳しい解説が表示されるので英語学習に活用してみてください。

わにま
"全部英語で書かれてる"ので、Google翻訳も活用して解説を確認しよう。

 

(緑色)ボタンをクリックして反映

そして「緑色のボタン」をクリックすると、Wordテキスト内の"間違った箇所"を書き換えてくれます

このようにGrammarlyは、普段から"Wordを使って英語の文章を書いている方"でも有効活用ができて

(誤字脱字だけ分かる)Wordのデフォルトの添削機能より精度が高く、より自然な英語表現に導いてくれます。

 

\無料版でも使える機能が多い/

【グラマリー】公式サイト

※英文のスペルミス・文法をリアルタイムで添削。

 

(スマホ版)Grammarlyアプリの使い方

ここからは「スマホでGrammarly(グラマリー)を使う方法」について詳しく解説します。

Grammarlyは(iPhone・Androidの)アプリがあるので、スマホで書いた文章も添削可能です。

 

(iPhone・Android)アプリをダウンロード

グラマリーをスマホで活用する場合は、

  • iPhone・iPad→「App Store」
  • Android→「Google Play ストア」

でアプリを探して、ダウンロードするだけでOKです。

 

「キーボード設定」をGrammarlyに変更する

後はグラマリーのガイダンスに従って、一つずつ設定をすればOKなのですが

スマホで使う場合は、キーボード設定を"Grammarly"に変更する必要があります。

するとGmail・Twitter・Instagram・LINEなど、スマホアプリ上で文章を書く際は

(パソコンと同じように)グラマリーが起動し、リアルタイムで添削してくれます。

すーき
グラマリーをアンインストールしたい時は、キーボード設定で"OFF"にするだけでOKだよ。

 

(デメリット)スマホアプリを使う際の注意点

スマホでも利用できるグラマリーですが、一つだけ注意点(デメリット)があります。

それがスマホの場合「文字を打つキーボードが、英語対応のみになってしまう。」という点です。

わにま
日本語で書く時・英語で書く時で、毎回キーボード設定を切り替える必要があるんだね。

私は勉強のため英語で日記を書いたり、海外ドラマを字幕で見て気になるフレーズ

メモを取ったりするので、その時は「キーボード設定」をGrammarlyに変更してます。

このようにスマホでGrammarlyを使う場合、少し面倒なのでその点は注意してくださいね。

スポンサーリンク



(口コミ・評判)Grammarlyを使ってみた!

(Firefox・Chrome・Safari)ブラウザ拡張機能が便利!

一度英文を完成させて添削するだけでなく、Grammarlyはリアルタイムで文法をチェックしてくれます。

これは「Firefox・Chrome・Safari」限定ですが、拡張機能を追加しておけば

GmailなどWEBメールを送るときだけでなく・ワードプレスで記事を書くときなど

テキストエリアに英文を入れると、常にGrammarlyが「文法間違い・スペルミス」を監視し

もし間違った英語を使えば、警告して・改善提案を出してくれます。

もちろん日本語文章の中の英単語もチェック対象なので、英語で文章を書く機会が多い方は是非使ってほしいです。

文法ミスがあると、赤文字で間違いの数が表示されます。
おんじ
わにま
ミスがなかったら、緑のGrammarlyのロゴが表示されるよ!

 

LINEの文章も翻訳してくれる

ブログ管理人が英語学習用に洋書を読むときは、紙のノートではなくLINEを単語帳として使ってます。

LINEの検索機能を活用すれば、忘れてしまった英単語はすぐ復習できますし

なによりスマホに入っているので、電車移動など空いた時間に勉強することが出来ます。

このようにLINEに英単語の意味・活用方法など説明をする時に、Grammarlyはとても役立ちます。

間違ったスペル・文法だと指摘されるので、ミスなくLINEに単語をまとめられます。

 

Twitter・InstagramなどSNSにも対応!

またスマホにアプリをダウンロードしておけば、Twitter・インスタなどSNSへの投稿も添削してくれます。

Facebookへの近況報告はもちろん、インスタに英語で書くとお洒落感が上がりますよ。

ブログ管理人はTwitterに英語で日記を書いているのですが、Grammarlyの校正はとても役立ちます。
おんじ

 

「類義語」まで解説してくれる

また【Grammarly】は単に間違っている英語を指摘するだけでなく、類義語(Synonyms)も教えてくれます。

日本語でもそうですが文章を書いていると、同じ単語・表現を繰り返し使うのを避けるため、

意味が似ている・別の表現方法(類義語)を使いたいケースがあります。

【Grammarly】があれば、わざわざ電子辞書・類義語辞典で別の単語を調べなくても良いのです。

類義語を調べたい英単語をダブルクリックすれば、いくつかピックアップしてくれます。

 

「PDF」はアップロード出来ないので注意!

【Grammarly】のPC版アプリを、使用する注意点として

アップロードできるのはワード・テキストファイルのみです。

Windowsのみマイクロソフトオフィス対応なので、パワポでも校正可能です。

PDFファイルは【Grammarly】へ読み込めないので、注意しましょう。

 

(無料版・有料版)Grammarlyの「料金」

プラン名月額料金一括払い
フリー無料-
プレミアム(単月)約3,999円($29.95)-
プレミアム(3ヶ月)約2,134円($19.98)約6,403円($59.95)
プレミアム(1年間)約1,245円($11.66)約14,950円($139.95)

3ヶ月一括払いにすると、毎月1,865円安くなります。
1年間一括払いにすると、毎月2,754円安くなります。

 

「無料版プラン」で出来ること

【Grammarly】は無料版といえど機能は、かなり充実しているので

私のような英語学習者だけでなく・文法の苦手なネイティブにも使われています。

「150種類の文法ミス&スペルチェック」が無料版の校正機能ですが

TOEIC・TOEFL・英検など、勉強用なら無料版で十分だと思います。

もちろんプライベートでの利用も、無料版で十分活用出来ます。

 

「有料版プレミアムサービス」について

ただ仕事のメール・レポート・論文・レジュメなど、よりフォーマルな場面で

英文を校正したい場合は、有料版を検討するのも良いかもしれません。

【Grammarly】の有料版の場合は

  • 句読点、文法、文脈などの高度な添削
  • 他ウェブページの盗用度チェック
  • 冗長な言い回しの指摘&改善案

などスペルチェック以外の、より文法まで指摘してくれます。

無料版に登録した後で割引メールが届くので、もし本格的に使いたい場合は

「有料プレミアプラン」に切り替えてもよいかもしれませんね。

 

※より詳しくは『(無料プランとの違い)有料版Grammarlyの体験レビュー』をご覧ください。

 

\無料版でも使える機能が多い/

【グラマリー】公式サイト

※英文のスペルミス・文法をリアルタイムで添削。

 

(セキュリティ)Grammarlyの「安全性」

ここからは「Grammarly(グラマリー)の安全性」について、詳しく解説をしていきます。

仕事で利用する社会人の方・論文に活用する学生の方は、是非参考にしてみてください。

 

(3年間使って)情報漏洩は一度もなかった

まずグラマリー個人情報管理ポリシーによると、私たちユーザーがライティングした文章は

インターネッを通じてグラマリーの運営企業(Grammarly, Inc.)に転送される仕組みになので

100%絶対に「ソフトウェアのセキュリティを保証するのは難しい」とのことでした。

ただ私自身Grammarlyは3年以上使っており、Grammarly, Inc.に関するニュースも見ていましたが

今のところ情報漏洩などの話は一切なく、個人的には「安全性が高いサービス」だと感じてます。

すーき
メール・Wordなどを使って、今では世界中で"1日あたり3,000万人以上"が利用してるんだよね。

 

(東京大学・千葉大学など)導入実績あり!

更にグラマリー(Grammarly)の安全性が高いと思う理由が、もう一つあるのですが

それが東京大学・千葉大学など、日本の有名大学でもグラマリーを導入されている点です。

例えば千葉大学では、英作文や英語の論文で文法・スペリング・語彙の適切さ・盗用度など

チェックするのに活用してもらえるよう有料版(Grammarly Premium)を学生に提供しています。

このように有名な大学で利用されている点も、安心して利用できるポイントの一つだと考えます。

 

(Grammarlyの使い方・評判)まとめ

【Grammarly】の使い方や、実際に使ってみた感想など解説しました。

最近ではAI技術なども発展してきて、英語学習に便利なツールが次々出ています。

今までの王道的な勉強方法ももちろんですが、この【英語CAN.com】では

「新しい英語学習方法」についても、どんどんご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク



-英語学習アプリ

© 2021 英語CAN.com