英語CAN.com

ー『国産純日本人』の英語ブログ。ー

英語学習アプリ

【無料版あり】英作文のおすすめ添削アプリ・サイト!※6サービスを徹底比較。

投稿日:2019年7月25日 更新日:

『英作文添削に役立つおすすめアプリ・サイト』について徹底解説します。

【大学受験・英検・TOEIC】のような試験対策から、メール・レジュメや

プライベートな日記まで、英文を添削できるサービスが増えています。

わにま
(無料で)自動添削してくれる優秀なアプリもあるんだよ。

有料版でも【1回166円~】と安い料金で利用可能で、全国の外国人講師が

すぐに添削してくれて、解説付きでフィードバックをくれるのです。

今回は英文添削アプリ・サイトを、おすすめ6個厳選して比較します。

お試し体験できるサービスもあるので、是非使ってみてください。

スポンサーリンク



【サービス比較】英文添削に使えるおすすめアプリ3選!

英作文の勉強 or 正しい文章が欲しい

そもそも英作文の添削サービスは、大きく分けて2種類あり

  • (解説なし)すぐに正しい文章になるよう校正してくれる。
  • (解説あり)試験対策に役立つよう、解説までしてくれる。

つまりメール・レジュメなど、間違っている文章を修正だけしてもらう場合

作った英作文を採点して、解説までセットで対応してもらうパターンの2種類。

もし英語学習として「英作文」に挑戦するなら、校正してもらうだけでなく

フィードバックをもらった方が、よりライティングの練習には効果的ですね。

 

(学生や大人におすすめ)アイディー

まず、英文の添削が出来るアプリを探している場合『アイディー』がおすすめ。

中学生から社会人まで人気のアイディーは、メール・提出書類の添削はもちろん

英検・TOEIC・TOEFLなど試験対策向けに、英作文の練習もすることが出来ます。

わにま
「高校入試・難関大学の試験対策」でも利用されているんだよ。

有料のアプリにはなりますが、自分で添削してもらう課題を持ち込むことも

(TOEIC対策など)オリジナルの教材もあるので、とても使いやすいです。

 

>>『アイディー』公式サイトはこちら!

 

(無料で英文校正ツール)グラマリー

もし(仕事中に)WEBメールなど文章のみ、正しく修正してもらうなら

無料で使える添削アプリ『グラマリー』をダウンロードしましょう。

グラマリーは(Google Chromeなど)WEBブラウザ・スマホに入れるだけ

リアルタイムで打ち込む文章を、全てチェックし添削してくれます。

ブログ管理人も使ってますが、スペルなど間違っていると瞬時に分かります
おんじ

(英語学習のためではなく)添削のみであれば、一番おすすめですね。

 

>>『Grammarly(グラマリー)』公式サイトはこちら!

 

(課題が届く)ハイネイティブトレック

株式会社Lang-8の、スマホアプリ『ハイネイティブトレック(HiNative Trek)』。

特に社会人の方におすすめのサービスで、毎日届く英作文の課題をこなし

現場で使えるビジネス英会話を身につけるために、アプリを使って練習します。

FacebookCEOマークザッカーバーグの、同時通訳を務めていた方が監修しており

中級者以上向けではありますが、質の高い教材を使えるのはメリットですね。

 

>>『HiNative Trek』公式サイトはこちら!

 

【受験勉強・日記の添削にも!】評判が良いアイディー

まずは一番おすすめしたい『アイディー(IDIY)』について紹介します。

利用目的別で「サービスの種類」が多いので、チェックしてみてください。

 

「日記・エッセイ」を添削依頼できる

まず【英語のスピーチを頼まれた・手紙を出す必要がある・日記を正しく書きたい】

など、アイディーでは英文を持ち込んでプロの講師に添削してもらうことが可能。

大事な取引先に送るEメールから、自分で書いているエッセイの添削まで

解説が必要なければ、作った文章をスピーディに正しく修正してもらえます。

わにま
日記を毎日添削してもらって、正しい表現をインプットすると良いね

 

(試験対策に)英作文の課題に挑戦!

またアイディーでは単に英文を持ち込んで、添削してもらう以外にも

オリジナルの課題を活用して、英作文の練習に取り組めます。

例えば【TOEIC・英検・難関大学の受験】のライティングテスト対策

役立つ課題があるので、実際に回答してアイディーに提出します。

すーき
「英検1級・難関高校/大学」など、合格実績も多いんだよ。

 

(講師からの)マンツーマン指導あり

するとアイディーから「添削結果+解説」がセットで、返送されます。

間違いを修正するだけの添削とは違い、なぜそのような表現が良いのか

コメントが書かれているので、今後の英作文の練習に役立ちますね。

また英作文について質問も一緒に、先生に送信することも出来るため

不安な部分は「回答」と合わせて送っておくと、コメントをくれます。

すーき
(オンライン上で)細かく質問できるのは助かるよね

 

「ネイティブ・日本人講師」を選べる

またアイディーでは、日本人バイリンガルかネイティブスピーカーか、

添削してもらう先生を選んで、依頼することが出来るようになってます。

わにま
日本人講師なら「解説・コメント」は、日本語で届くんだね。

ネイティブ講師の場合は添削結果も、それについての解説もコメントも

全て英語で書かれているので、英語で内容を理解する必要があります。

中級~上級者向けですが、ネイティブの自然な表現が学べますね。

 

(仕事用おすすめ)アイディービジネス

アイディーは、社会人向け専用サービス『アイディービジネス』もあります。

短い時間で【ビジネス文書・専門性の高い英文】の添削が欲しい場合に

おすすめのサービスですが、最短3時間で納品まで対応してくれます。

わにま
24時間いつでも、通訳・翻訳のプロが添削するサービスなんだ。

初回限定でポイントがもらえて、無料で使うことが出来るので

添削の品質・スピードを、一度お試して体験するのも良いですね。

 

>>『アイディービジネス』の公式サイトをチェックする。

 

(転職者向け)レジュメの添削に使える

海外企業への転職者であれば、英語で書いた履歴書(レジュメ)が必要ですね。

もし急な納期でレジュメが必要な時も、アイディービジネスがおすすめで

327円~利用可能で【医療・産業・行政系など】業種別の専門家がいます。

納期も保障されているので、大事な履歴書を書くとき使ってみてください。

 

アイディーの「料金まとめ」

ランキング 第1位
都度払い 166円~
都度払い(ビジネス) 327円~
定期券 4,980円~
定期券(ビジネス) 9,800円~
推奨デバイス スマホ
無料お試し あり

 

>>『アイディー』公式サイトはこちら!

 

【無料アプリ/英文法・スペルを自動添削】グラマリー

メールの文章など、リアルタイムで校正する『Grammarly(グラマリー)』。

英語翻訳者に依頼するわけではなく、自動で添削してくれるので

解説など不要な方であれば、無料で使えるグラマリーで十分です。

 

「WEB上のテキスト」を全てチェック

ブログ管理人もブラウザに登録しているのですが、英語で打ち込んだ文章は

全て自動添削してくれて、もし間違っていれば赤文字で指摘してくれます。

すーき
グラマリーは、スマホアプリをダウンロードしても使えるよね。

例えばメモ帳に日記を書くとき、SNSに英語でメッセージを入力するとき

グラマリーが起動してくれるので、スペルミスなどを防ぐことが出来ます。

 

「より自然な表現」も教えてくれる!

更にグラマリーでは添削して、間違っている単語・文法を指摘する以外に

「類義語(別の表現方法)」を、自動で解説してくれる機能もあります。

すーき
「同じ単語・表現」を繰り返し使ってしまうのを、防いでくれるんだ。

ビジネスシーンでのEメールなど、同じ表現を避けたい場合に役立ちます。

 

「無料で使える」WEBサービス・アプリ

ここまで優秀なWEBアプリである、グラマリーは全て無料で使えます。

わにま
グラマリーは、有料(プレミアム)プランもあるんだよね

プレミアムプランだと、より文章添削機能の精度が高くなるのですが

最初は無料版でも十分使えますので、お試しで利用してみてください。

 

>>『Grammarly(グラマリー)』公式サイトはこちら!

 

※より詳しくは>>『グラマリーの使い方・評判まとめ』をご覧ください。

 

【社会人】ビジネス英会話ならハイネイティブトレック

続いて、ビジネスマンの方におすすめなのが『ハイネイティブトレック』。

ハイネイティブトレックも【英作文の添削】を使って、英語学習するアプリ

現場で使えるビジネス英会話を、毎日課題に取り組んで身につけます。

 

「重要フレーズ・英文法」が学べる

ハイネイティブトレックの公式サイトから【会員登録】を済ませて

アプリをダウンロードしておくと、毎日1回課題が届くようになります。

課題はビジネスシーンでよく使う「英会話フレーズ」に関するもので

解説・ヒントも用意されているので、参考にしながら英作文に挑戦。

わにま
仕事で使うことが多い「フレーズ・文法」のみ効率的に学べるんだね。

 

(現場で使える)毎日届く添削課題

ハイネイティブトレックの添削は、かなり細かくフィードバックしてくれ

【より自然な表現方法】など、ネイティブ講師が教えてくれます。

毎日届く課題は、週末にまとめて取り組んで送ることも出来るので

平日は仕事に忙しいビジネスマンでも、続けやすいと評判が良いです。

すーき
(文章だけでなく)音声も一緒に送ることも可能なんだよ。

自分で作った英作文を読み上げた【音声】を、一緒に提出すると

発音についても音声付で返してくれスピーキング練習にも効果的。

 

(無料アプリ)HiNativeも活用する

もし英作文するときに「~という表現は正しいのか?」疑問に思った場合は

姉妹アプリ『HiNative(無料)』も上手に活用してみると良いですね。

ハイネイティブは世界中のネイティブスピーカーに、気軽に質問できる

【Q&Aアプリ】になっており質問をすることも、回答することも可能です。

わにま
日本語を勉強している人の、質問にも答えられるんだね。

 

ハイネイティブトレックの「料金まとめ」

ランキング 第1位
月額料金 9,800円
年額プラン(1月あたり) 8,167円
年額プラン(総額) 98,000円
推奨デバイス スマホ
無料お試し なし

 

>>『HiNative Trek』公式サイトはこちら!

 

※より詳しくは>>『HiNative Trekの使い方・評判まとめ』をご確認ください。

 

【英作文の課題が届くサイト】フルーツイングリッシュ

2013年の日本e-Learning大賞を受賞した『フルーツイングリッシュ』。

フルーツイングリッシュは、自分で課題を持ち込むというよりも

独自で用意された、英作文カリキュラムを解き進めるスタイルです。

わにま
英検試験対策・論文対策など、コースが豊富に用意されてるんだ。

 

(目的別)講座が数多く用意されてる

フルーツイングリッシュは好きな課題を選べるので、例えばですが

【旅行英会話・ビジネス・論文対策・文法の特訓】など、目的別で

気になる講座を決めて、英作文のトレーニングをしていきます。

専用チケットをまとめて購入して、受講するシステムになっており

月額1,800円~なので、料金も安く続けやすいサービスです。

 

(採用率3%)講師の質の高さは一番

他の英作文添削サービスも、英語圏のネイティブスピーカーを

採用していたりと、講師の質にはこだわっているようでしたね。

添削は外部に委託する会社が多い中で、フルーツイングリッシュは

採用率3%と厳しい基準を設けて、全て自社で採用活動をしています。

すーき
アメリカの有名大学を卒業した、ネイティブ講師が多いんだよ。

 

(無料)オンライン英語テスト800問

またフルーツイングリッシュは、無料で使える800問の英作文問題

添削チケットがプレゼントなど、お試しで使えるコンテンツが多いです。

まずは公式サイトの、お試しレッスンから受けてみてください。

その後に続けられるかどうか、判断してみると良いですね。

 

フルーツイングリッシュの「料金まとめ」

ランキング 第1位
チケット枚数 料金
1枚 540円
40枚 21,600円
80枚 43,200円
120枚 64,800円
推奨デバイス パソコン
無料お試し なし

 

>>『フルーツイングリッシュ』公式サイトはこちら!

 

【英作文添削×オンライン英会話】ベストティーチャー

もし英作文の添削だけでなく、実際に外国人講師と話す練習も

一緒に取り組みたいなら『ベストティーチャー』がおすすめです。

 

「自分で書いた英作文」でレッスン

【日常英会話・TOEIC対策・英検対策】など目的別でコースが選べる

ベストティーチャーは、用意された課題の中から好きなものを選び

英語の文章でやり取りをして、オンラインで先生に添削してもらいます。

わにま
いきなり話すのではなく、まずは書いて会話するんだね。

 

「ライティングスキル」も身につく

ライティングの練習で【最大5回】文章で、先生と対話をした後に

添削をしてくれて、音声付きでフィードバックをくれるシステム。

その後に添削済の文章を使って、スピーキング練習に取り組むので

手元に原稿がある状態で、書くだけでなく・話す練習もします。

 

(24時間)いつでもレッスン受け放題

ベストティーチャーの【英作文の添削×マンツーマン英会話レッスン】

24時間いつでも取り組めて、受講し放題なので何度でも受けられます。

何回受けても料金は変わらず、ライティングの練習には最適ですね。

無料体験レッスンも受けられるので、まずは一度挑戦してみてください。

 

ベストティーチャーの「料金まとめ」

ランキング 第1位
料金(日常英会話) 12,000円
料金(TOEIC・TOEFL・iBT) 16,200円
料金(英検対策) 16,200円
入会金 無料
通話システム スカイプ
推奨デバイス パソコン
無料お試し あり

 

>>『ベストティーチャー』の公式サイトはこちら!

 

【通信講座・大学受験生におすすめ】Z会の英作文応用

(小学生~高校生向け)通信講座でお馴染み『Z会』には、難関大学の受験で

出題される英作文対策用に、教材・カリキュラムが用意されています。

 

「志望代別」対策問題に取り組める

【東京大・大阪大・一橋大・東京外国語大・北海道大】など、自由英作文が

ポイントとなる大学はいくつかありますが、Z会では志望する大学別で

教材を選択して、集中的にカリキュラムをこなしていくことも出来ます。

出題傾向を踏まえた問題・解説もまとまっており、入試対策にはおすすめ。

興味がある方はZ会の公式サイトから、資料請求してみてください。

 

Z会の英作文応用の「料金まとめ」

添削問題 月1回く
月額料金 2,465円~
対象 幼児~大学生
特徴 難関校への受験対策
資料請求 あり

 

>>『Z会』の公式サイトはこちら!

 

【目的別】おすすめしたい英文添削サービスを紹介!

最後に利用する目的別で、ブログ管理人がおすすめしたい

英作文の添削サービス(アプリ)を、紹介していきます。

無料版も多いので、是非一度ダウンロードしてみてください。

 

(英語学習)初心者でも使いやすい

まず英会話初心者の方で、課題を持ち込んで添削しほしい方

日記を使って学習したい方は>>『アイディー』がおすすめ。

アイディー独自の課題もあり、英語学習に役立てられます。

 

(無料で)添削のみ対応してほしい

とりあえずリアルタイムで【スペル(誤字)チェック】のみ、

すぐに対応してほしいなら>>『グラマリー』だけで十分ですね。

無料でも十分使えるので、ダウンロードしてみてください。

 

(英検・TOEICなど)試験対策に強い

【英検・TOEIC・TOEFL】など、試験対策として英作文を添削するなら

専用の講座が要されている>>『フルーツイングリッシュ』ですね。

他にも世界のお料理英語講座など、面白いコースがたくさんあります。

 

「論文・レジュメ」を添削したい!

フォーマルなビジネス文章・論文・レジュメを、早く正確に

添削してほしい場合は>>『アイディービジネス』ですね。

プロの翻訳者が対応してくれるので、安心感は一番あります。

 

「ビジネス英会話」を練習したい!

もし英作文の練習を通じて、社内会議・営業・海外への転職など

ビジネスシーンで役立つ英会話を練習するなら、ベストティーチャーや

専用アプリがある>>『ハイネイティブトレック』ですね。

スポンサーリンク



-英語学習アプリ

Copyright© 英語CAN.com , 2019 All Rights Reserved.