英語CAN.com

ー『国産純日本人』の英語ブログ。ー

英語学習アプリ

【添削学習アプリ】HiNative Trek(ハイネイティブトレック)!評判・使い方まとめ。

2019年2月7日

この記事では『HiNative Trek (ハイネイティブトレック)』について徹底解説します。

専用アプリを使って【専属のアメリカ人ネイティブ講師】から、添削指導を行ってもらい

効率よくライティング・スピーキングの練習が出来ると、口コミで評判になっている「HiNative Trek」。

毎日「ビジネス・IT」に関係する課題が届くので、仕事が忙しい方でも

ちょっとした隙間時間を活用して、実用的な英会話フレーズを練習するのにピッタリです。

ブログ管理人も実際使ってみたので、体験レビューについても紹介しますね
おんじ

そんな新しい英語学習サービス(アプリ)である、HiNative Trekについて

今回は私のリアルな評判だけでなく、アプリの使い方など詳しく紹介します。

【(iPhone・Android)スマホだけOK!】HiNative Trekの使い方

英語を本格的に勉強しようとした場合、オンライン英会話・英会話教室・(参考書を使った)独学など

いくつか選択肢はありますが、HiNative Trekは【英作文の宿題を毎日提出して、それを専任講師が添削し

音声もセットで、的確なフィードバックをしてくれる。】というなかなか画期的なサービスです。

ここからはHiNative Trekがどんな感じのサービスなのか、使い方を紹介していきます。
おんじ

(専用アプリから)毎日届く課題をチェックする

HiNative Trekでは専用アプリを利用します、まず『公式サイト』で会員登録の手続きを行い

後は「GooglePlay・AppStore」で探して、ダウンロードしておけば準備完了です。

実際にアプリを開くとカレンダーが表示され、月~金曜まで毎日宿題が増えていきます。

すーき
もちろんHiNative Trekは(PC・スマホ共に)WEBページでも、利用OKだよ

(ビジネス英語に関する)短い英作文問題が届く

提出した課題は「添削済」となるのですが、今回受講したビジネスコースでは【Read & Answer】という

「課題の説明を読んで、英語で答えるという出題形式」になっており、早ければ10分くらいで終わります。

HiNative Trekで出される課題は「ビジネス英語」がテーマの英作文です
おんじ

仕事場での「メールのやり取り」「就職試験」など実用的で、使用頻度が多い英会話フレーズを学習できます。

もし難しいと感じた場合は最初のうちは、辞書で調べつつやっても良いですね。
おんじ

(自分が作った英文と)音声も一緒に提出できる

またHiNative Trekではライティングの練習が出来るだけでなく、音声もセットでネイティブ講師に

送ることが出来て、発音に関してもフィードバックをくれるのでスピーキング練習にも効果的です。

「自分で作った英作文+自分の発音」を提出すると「英文でフィードバック+音声フォロー」が届くので

ネイティブ講師から直接指導をしてもらっているような感覚で、チャットでやり取りが出来ます。

しかもオンライン英会話と違って、カメラ越しに英語で会話するわけではないので

そこまで緊張することもなく、また時間・場所も選ばずリラックスした状態で進められますね。

(13時までに提出すると)当日にフィードバック

HiNative Trekでは13時までに課題を提出すると、当日の18時までに添削が届きます。

この添削内容の【質の高さ】がわざわざ費用を払って、このサービスを利用する価値だと思うのですが

テンプレで「良い(Good!)・悪い(Bad!)」が返ってくるわけではなく、模範解答と合わせて

ネイティブ講師から【より良い・より自然な】言い回しなど、かなり細かくフィードバックがもらえます。

しかも音声も添付されるので「正しい発音」を、ボイスメッセージで的確に指導をしてくれます。

すーき
音声も聞きやすいよう、かなりはっきり喋ってくれて凄く良かったよ

宿題を音声付きで【ネイティブ講師に】提出する⇒細かな【音声付きの】添削をくれる

という反復練習を毎日400円程度で、しかもアメリカ人ネイティブと出来るというのが

HiNative Trekの他のサービスにはない、特徴の一つですね。

(スタンプあり)不明な点は講師に質問OK!

またHiNative TrekはLINEのメッセージのような仕様になっており、気になる点は先生に質問することも出来ます。

わにま
スタンプ機能などもあり、英語圏の人とLINEをしてるような感じだね

もちろん英語で聞く必要がありますが、ここも「英作文の練習」だと思って電子辞書など活用しつつ聞いてみても良いですね。

せっかくのネイティブとやり取りできる機会なので、課題に対して深堀りしてみましょう。

すーき
もっとネイティブスピーカーに、質問したい場合は【HiNative】も使ってみよう

 

>>『HiNative Trek』 公式サイトはこちら!

 

【リアルな評判】ブログ管理人の「HiNative Trek」体験レビュー

HiNative Trekの使い方について紹介したところで、ここからはブログ管理人が

実際にアプリを体感してみた『感想』をいくつか紹介していきます。

今回取り上げているのが【ビジネスマナー】に関する、課題が出されていた週でした。

正直最初は『中級~上級者向けで、初心者の方には難易度が高いのかな?』と疑問に思っていました。
おんじ

しかしHiNative Trekは①例題と②文法の説明、それらを踏まえた③練習問題という構成になっており

中学生レベルの文法が理解できていれば、それほど難しくなく解けるなと感じました。

(ビジネス英会話に役立つ)実用的な教材

例えば私が解いた上記の練習問題は、過去進行形を使った英会話フレーズです。

【I was working for ~ when I received a job offer ~ . 】

~から仕事のオファーをもらうまで、~で仕事をしていました。

この例文を参考にしつつ、(1)の動詞を過去進行形にするところから文章を組み立てます。

1から英文を組み立てるので、(今回でいう過去進行形に関する)理解がとても深まります。

他にも「前職では、~という仕事に従事していました。」など、面接・ビジネスシーンで

使い勝手が良い課題がとても多く、毎日ちょっとした時間で効率よくインプット・アウトプットできます。

(チャットなので)会話が苦手な方でも安心!

またリアルタイムで会話をするわけではない、というのも「このサービスの良さ」だと感じました。

HiNative Trekでは一人でじっくり考えて、英文を作り上げて・それを講師に提出します。

そのため『Skypeを通じて話すので緊張してしまったり・毎回担当が変わり(初めましての)自己紹介する』等の時間はかかりません。

(添削のやり取りはデータが残り)復習にも便利

また【提出した宿題・模範解答・先生のコメント(音声)・質問した内容】は、全てアプリ内に保存されます。

「あの言い回し、どう言うんだっけ?」とふと疑問に思った時でも、HiNative Trek内の別の宿題に取り組んでる時でも

オンライン英会話を受講してるときでも、簡単に復習できるのは口コミで評判が良かったおすすめポイントですね。

(まとめ)HiNative Trek をおすすめしたい人!

ブログ管理人のHiNative Trek「体験レビュー」まとめると、このサービスを是非試してほしいのは

こんな方におすすめ

  • ビジネスマンで仕事に使う英語表現を、空いた時間に少しずつ覚えたい方
  • 学校で学ぶ基礎は出来ているが、仕事場でうまく英語が活用できてない方

だと思います。

HiNative Trekの課題は短い時間でも、文章を作らないといけないのでライティングの練習になります。

それに対しネイティブ講師が的確にフィードバックしてくれる、サービスはなかなかないですし

毎日うまく活用すれば、少しずつでも【使える英語】のストックが増えていくと思います。

 

>>『HiNative Trek』 公式サイトはこちら!

 

【優秀な添削学習アプリ】HiNative Trekのおすすめポイント

ブログ管理人の辛口評価(☆5/5点中):

(文章を添削するのは)アメリカ人のネイティブ講師!

HiNative Trekを利用するメリットとして、アメリカ人ネイティブに添削してもらえるのは大きな特徴です。

英会話教室でもネイティブ講師から学ぶ場合は、入会金合わせて何十万もかかるケースがありますね。

HiNative Trekのようにアメリカのビジネスシーンで実際に働く、英語表現・発音ともに

プロから丁寧に指導してもらい質問まで出来るサービスは、正直なかなかないです。

(同時通訳者)関谷英里子さんが教材を監修してる

また個人的にHiNative Trekの教材は、メール・仕事場での商談など使えるフレーズが多いなと感じたのですが

なんとアル・ゴア元米副大統領や・FacebookのCEOマークザッカーバーグ氏など

世界的著名人の通訳を務め、NHKラジオの講師も担当している『関谷英里子さん』が監修されてます。

まさにグローバルに働く一流のビジネスマンが携わって、作り上げている【宿題】ということですね。

(1日400円なので)コスパ的にも続けやすい!

HiNative Trekの公式サイトにも『毎日コーヒー1杯分の金額で』と書かれていますが

これだけ質にこだわった添削学習アプリを、毎日予約なしで取り組めて400円程度であれば

参考書を何冊も買い漁らなくても良いので、比較的続けやすいのかなと思います。

(予約不要)好きな時間に課題に取り組める

HiNative Trekの添削はかなりスピード感持って、対応してくれるので

当日13時までに提出すれば、その日の18時くらいには解説が届くようになってます。

忙しいビジネスマンでも、移動中・夜寝る前の時間を有効活用できますね。

「適度な難易度」の課題が毎日届く!

今回実際に取り組んでみた、HiNative Trekの【ビジネスコース】で用意されていた課題は

全てにおいて簡単すぎず・難しすぎずという印象で、毎日継続的に取り組むには「適度な難しさ」があり

「辞書を引かずに解いてやろう!」とやる気にもなるので、モチベーションを維持しつつ続けられそうでした。

「週末にまとめて」添削してもらうことも可能!

またこの点は仕事をする人が取り組みやすいように、配慮された点だなと思ったのですが

HiNative Trekでは、週末にまとめて提出し添削してもらうことも出来ます。

しかも土日は課題が届かないので、土日でやり残しを一気に片づけても良いですね。

(スピーキング・ライティング)アウトプット重視のサービス

ここまでHiNative Trekの特徴をまとめましたが、このサービスは効率よくインプットし

(Speaking・Writingなど)アウトプットに比重が置かれた、学習サービスと言えます。

世の中には単語帳の本・CDなど、インプットするための教材は溢れていますが

アプトプットできるサービスは、そこまで多くはありません。

もちろん英会話スクールに通えばアウトプットする機会は作れますが

自宅にいながら、取り組めるというのはHiNative Trekの大きなメリットですね。

【月額費用は高いのか?】HiNative Trekの料金体系

HiNative Trekの料金体系についてですが、月額で9,800円かかります。

もちろん世の中に無料のアプリもたくさんある中で、そこそこお金はかかりますが

質の高い教材とネイティブ講師の添削が用意されており、十分投資する価値はあると思います。

わにま
年間プランだと月額8,167円となり、約2ヶ月分もお得になるよ

(3種類)ビジネスコース・ITコース・IT Part2

また選べるコースは【ビジネス・IT・IT Part2】の3種類が用意されており、まさにビジネスパーソン向けのサービスですね。

ブログ管理人が課題を解いていると『前職では会社のホームページに、アクセスを増やすSNS広告の運用に携わっていた。』

などIT企業の方が、英語でコミュニケーションをとる時に使いそうなフレーズがたくさん出てきました。

【無料アプリ】語学学習のQ&Aプラットフォーム「HiNative」

また一度HiNative Trekをダウンロードしておけば、姉妹アプリであるHiNativeも活用できます。

HiNativeは(日本語・韓国語・英語など母国語とする)ネイティブスピーカーに対して

「~という表現は正しいですか?」「この発音は正しいですか?」など気軽に質問できる(基本)無料アプリ。

語学・文化に関して分からない点を質問できて、逆に自分も母国語(日本語の)回答者として参加できます。

(簡単で使いやすい)HiNativeの使い方

HiNativeに関しては【何と質問したらよいか分からない!】という、初心者でも安心して使えるよう

「質問テンプレート」という機能が用意されており、テンプレートを埋めるだけでとても便利です。

「~の発音を教えてください。」や「AとBの表現は、どう違うの?」など、簡単に質問できます。

HiNativeの「口コミ・評判」

HiNativeでは【自分の質問を優先表示・他の人の音声回答を聞くなど】一部有料となる部分もあります。

ただ自分が知りたいことを質問するという点に関しては、無料で十分使えると思います。

AppStoreを見てみると評価とレビューは、4.6/5点中とかなり口コミで評判が良いみたいですね。

気になる方はHiNative Trekと合わせて、活用してみてください。

『HiNative』ダウンロード:iOSAndroid

【Lang-8】HiNative(Trek)の運営会社について

HiNativeとHiNative Trekの、2つのアプリを運営しているのは株式会社Lang-8さんです。

「言語学習者向け添削型の学習アプリ」という、日本にはなかなかないサービスを開発されており

HiNativeに関しては、全世界で人気ですし、今後は更に評判になるのではと個人的に思ってます。

『信頼できる会社が作ったサービスか?』という点では、安心して利用できますね。

【総合評価】HiNative Trek のメリット・デメリット

最後にHiNative Trekに関する、メリット・デメリットをまとめておきます。

まず大きなメリットとしては『(アメリカ人ネイティブスピーカーによる)添削指導の質』

『効率よくライティング・スピーキングの練習ができる課題』の2点ですね。

強いてデメリットをあげるなら「少し手が出しずらい金額」と「テーマがビジネス限定」な点ですが

是非一度HiNative Trekの課題に取り組んでみてください、自分の仕事でも使える英語表現が多いと確信できると思いますよ。

-英語学習アプリ

Copyright© 英語CAN.com , 2019 All Rights Reserved.