英語CAN.com

ー『国産純日本人』の英語ブログ。ー

英語フレーズ

【NBA選手の名言】で英語フレーズを勉強しよう!※バスケは楽天TVで視聴できる?

2019年3月18日

歴代NBA選手が残してきた名言を使って、英語フレーズを勉強しましょう。

マイケルジョーダンなど今まで活躍してきたトッププレイヤーは

バスケットまたは人生においても、大事な考え方を名言として残しています。

試合でなかなか結果を出せない、スタメンに選べれない
おんじ

と伸び悩みを感じて悩んでいる方にとって、ヒントになる言葉があるかもしれません。

また今回はNBAの試合において、解説などで使用頻度が多い英語フレーズも紹介します。

日常英会話では使わない英語も多いですが、きっと観戦するのが楽しくなりますよ。

わにま
【Rakuten NBA Special】を利用すると、LIVE観戦はもちろん見逃し・ハイライトも視聴できますよ

スポンサーリンク



【バスケに大事な考え方】を教えてくれるNBA選手の名言

『スラムダンク・あひるの空・黒子のバスケ』など人気漫画の影響もあり、人気があるバスケット。

部活動・クラブで毎日真剣に取り組んでいる方でも、時にうまくいかず挫折することがあると思います。

そこでここからは現役バスケットボールプレイヤー向けに、アメリカのプロバスケットボールリーグNBAの

歴代レジェンド選手たちが残した、(英語の)名言を読みながら成功哲学を見ていきましょう。

(バスケ編)マイケル・ジョーダンの名言集

まずバスケットボールの神様と称され、数々の名言を残したマイケル・ジョーダン。

NBAチャンピオン6回・オリンピック金メダル2回と輝かしい成績を残していますが

人一倍負け嫌いなアスリートとしても知られ、その生きざまを垣間見れる【名言】も多いです。

Out of my way, your fate.I'm going through.

英語訳:運命よそこをどけ、俺が通る。

すーき
マイケル・ジョーダンと言えば有名な、英語の名言フレーズですね

Talent wins games, but teamwork and intelligence wins championships.

英語訳:才能があれば試合に勝つこと出来る、ただ優勝へと導くのはチームワークと知性だ。

If you quit onece it becomes a habit. Never quit.

英語訳:一度でもあきらめると、それが癖になる。絶対にあきらめるな。

There is no ”i” in team but there is in win.

英語訳:チーム(team)に「個(I)」は存在しない、ただ勝利(win)には必要だ。

Confidence is contagious. So is lack of confidence.

英語訳:自信は伝染する、自信のなさも伝染する。

I've never lost a game. I just ran out of time.

英語訳:私は試合に負けたことはない、時間切れだっただけだ。

I've missed over 9,000 shots in my career. I've lost almost 300 games. 26 times I've been trusted to take the game-winning shot and missed. I've failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.

英語訳:今まで9,000本以上シュートミスをし、300近く試合で負けて、26回もウィニングショットを任され外してきた。人生でこれまで何度も失敗してきた。だから今成功しているんだ。

コービー・ブライアントの名言集


NBAで20年間も活躍してきたコービー・ブライアント、彼の練習量はNBAで一番と言われていました。

マイケル・ジョーダンと同じポジションで、比較されたり・批判されることも多かったみたいですが

それをバネに毎日コツコツと努力をし続ける、という精神力の強さを感じることが出来ます。

Everything negative - pressure, challenges - is all an opportunity for me to rise.

英語訳:「重圧・試練」など全てのネガティブな出来事は、すべて自分を成長させるチャンスだ。

I'm chasing perfection.

英語訳:私は「完璧さ」を追い続けているんだ。

People just don't understand how obsessed I am with winning.

英語訳:私が勝つことに心を奪われているか、人々は理解できていないんだ。

If you're afraid to fail, then you're probably going to fail.

英語訳:失敗することを恐れていると、きっと失敗してしまうよ。

レブロン・ジェームズの名言

現役選手として「最強」の名を手にしている、キングこと「レブロン・ジェームズ」。

筋骨隆々な肉体と超人とまで言えるアスリート能力を持つ、NBAの現役スーパースター

リバウンド・アシストなどの数字面では、マイク越えとも言われている彼は

常にチームのためになることを実践し、リーダーシップを発揮し影響力がありますね。

I treated it like every day was my last day with a basketball.

英語訳:私は毎日毎日が、バスケットと過ごす最後の日だと思って過ごしている。

I think the reason why I am who I am today is because I went through those tough times when I was younger.

英語訳:若いころの苦しい経験があったからこそ、今日の自分があるんだと思うよ。

I am going to use all my tools, my god given ability, and make the best life I dan with it.

英語訳:私の持つすべて・神様がくれた才能のすべてを使って、自分の人生を素晴らしいものにしていく。

Dream as if you'll live forever. Live as if you'll die today.

英語訳:命が永遠にあるかのように夢を見て、明日死ぬように生きるんだ。

 

アレン・アイバーソンの名言集

A.I.というニックネームと高い得点能力・パフォーマンスで、NBA屈指の実力・人気があったアイバーソン。

マイケル・ジョーダンを敬愛する彼ですが、同じように彼の姿に憧れバスケを始めた選手も多いですね。

身長183㎝とNBAでは小さい選手ですが、熱いハートでプレーするスタイルで人気がありました
おんじ

アイバーソン自身も「バスケットに大事なのは体の大きさではなく、心の大きさ」と語っています。

I always feel the only person who can stop me is myself.

英語訳:俺を止められる唯一の人間が、俺だけだといつも思っている。

I'm not perfect. But I am trying every day to concentrate on being better.

英語訳:私は完璧ではない。しかし良い方向に進めるよう、毎日努力しているんだ。

When you are not practicing, someone else is getting better.

英語訳:きみが練習をしていないとき、ほかの誰かが上手くなっている。

チャールズ・バークレーの名言

NBA史上最強のPFとも言われている、無冠の帝王「チャールズ・バークレー」。

彼の残した名言英語フレーズを、見ていきましょう。

If you are afraid of failure you don't deserve to be successful!

英語訳:失敗なんか恐れていたら、成功するに値しないよ。

スコッティ・ピッペンの名言

マイケル・ジョーダンと共にブルズ黄金時代を築いた、史上最強のSF「スコッティ・ピッペン」。

NBA史上最も過小評価されたプレイヤーとも言われていますが、彼の名言がとても有名ですね。

One of the hardest things for a ball player to do is to accept his role.

英語訳:バスケットボール選手にとって一番難しいのは、1つの役割を受け入れることだ。

ジョン・ウッドンの名言集

バスケット界の名コーチとして、知られている「ジョン・ウッドン」。

【カリーム・アブドゥル=ジャバーやビル・ウォルトン】など、数々の有名選手を輩出してきました。

「育てる技術」の著者でもあり、スポーツだけでなく人生の哲学として彼の名言は広く知られています。

Winning takes talent, to repeat takes character.

英語訳:勝つには才能が必要で、勝ち続けるには精神力が必要だ。

Be quick, but don't hurry.

英語訳:機敏でなれ、ただ焦ってはいけない。

Make each day your masterpiece.

英語訳:毎日、あなたの中の傑作を作るんだ。

It's not how hard you pushed along the way. It's having something in you to finish.

英語訳:これまでいかに大変だったではない、やり遂げるかどうかだ。

スポンサーリンク



【歴代NBA選手が残した】人生を豊かにする英語名言集!

NBAのスーパースターが残した英語フレーズは、バスケットを頑張っている人以外にも【人生哲学として役立つ考え方】がたくさんあります。

ここからは伝説選手の名言を見つつ、英語表現をチェックしていきましょう。

(人生編)マイケル・ジョーダンの名言集

まずは先ほど紹介したバスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンの人生に関する名言です。

目の前のことに悩んでいる方にとって、きっとヒントになるアドバイスだと思います。

The key to success is failure.

英語訳:成功のカギは、失敗なんだ。

Everybody has talent, but ability takes hard work.

英語訳:誰しも才能を持っている、しかし能力を得るのはとても大変だ。

Step by step. I can't see any other way of accomplishing anything.

英語訳:一歩一歩、着実に。何かを達成するために、これ以外の方法はない。

To learn to succeed, you must first learn to fail.

英語訳:成功を学ぶためには、まずは失敗を学ばなければならない。

I can accept failure, everyone fails at something. But I can't accept not trying.

英語訳:私は失敗を受け入れることが出来る。誰しも何かに失敗する。しかし私は挑戦しないことは受け入れられない。

Obstacles don't have to stop you. If you run into a wall, don't turn around and give up. Figure out how to climb it, go through it, or work around it.

英語訳:障害によって立ち止まることはない。壁にぶち当たったら振り向いて諦めることはしてはいけない。どうやって乗り越えるか・突き進むか・回り込むか考えるんだ。

シャキール・オニールの名言集

最後に紹介するのはNBAにおいて、規格外の破壊力を持っていた「シャキール・オニール」。

全盛期時代に彼に対抗できるセンターは、ごくわずかで怪物級のパワー・テクニックがありました。

ダンクシュート(シャックアタック/SHAQ ATTACK)で、リングを破壊したのは伝説ですね。

Excellence is not a singular act but a habit. You are what you do repeatedly.

英語訳:「卓越」とは一つの行動ではなく習慣だ、毎日繰り返すことで今の君が作り上げられるんだ。

I never worry about the problem. I worry about the solution.

英語訳:問題について心配したことはない、解決方法について悩むんだ。

 

【バスケの試合で】よく使われる英語フレーズ26選!

次にNBAの試合中に良く使われる、英語フレーズを勉強しましょう。

バスケ経験者の方であれば、練習中に使う和製英語も多く含まれます。

試合の観戦が更に楽しくなると思うので、一つ一つチェックしましょう。

(基本的な)バスケットボール用語

基本用語

  • steel:バスカット
  • penetrade/drive:カットイン
  • dunk:ダンクシュート
  • box out:スクリーンアウト

まずはバスケット用語の基礎編で、NBAの試合では必須のフレーズばかりです。

日本では「ダンクシュート」ですが、英語では「dunk」のみなので注意しましょう。

Nice shot!(ナイスシュート!)

続いてNBAの解説や練習中の声出しで、よく聞くようなフレーズです。

【Nice shot!】以外にもシュートが入った時【What a super shot!(なんてすごいシュートだ!)】とも言います。

この「感嘆文(What a ~)」を使って【What a pass!(なんていいパスだ!)】と表現することもあります。

Make it!(シュートを決めてくれ!)
おんじ
わにま
Got it!(任せてくれ!)

など選手同士で、やり取りすることもありますね。

ちなみにスリーポイントが入ると、解説は【Hit a three!(スリーが決まった!)】と言います。

shooting drought(シュートが入らない)

逆に試合において全くシュートが入っていない場合【shooting drought】を使います。

【drought】は干ばつという意味の英単語ですが、NBAの試合では「シュート不足(シュートが入ってない)」と表現します。

すーき
shooting drought since 2Q 4:30.(2Q目の4分30秒以降、全くシュートが入ってない。)

in transition(速攻から)

シュートが入らなければ速攻を避けるため、早く戻りディフェンスの体制を整えます。

They score a lot of point in transition.(速攻から得点を多く決めている。)

というように速攻からは【in transition】という英語フレーズが使われます。

またディフェンスへの戻りが遅い場合は、監督に【Hustle back!(早く戻れ)】と支持されます。

soft(ゆるい)

「やわらかい」という意味の【soft】と「キツイ」という意味の【tough】ですが

バスケにおけるディフェンスの評価を、監督から指摘される際に利用されるケースがあります。

softは日本語で言う「ディフェンスがゆるい/ざるだ=敵に抜かれ過ぎ」という意味になります。

逆にtoughを利用すると「ディフェンスが固い/キツイ=しっかり守ってる」と強固な守りを褒められてます。

GOAT(史上最強の選手)

ここからは試合中の解説・NBAの記事・Twitterなどで、よく目にする表現です。

まずNBAの歴史において輝かしい、成績を残した選手に使われるのが【GOAT】という英語フレーズ。

本来「goat(=羊)」ですがバスケの世界では【Greatest Of All Time】の略称で

「He is the GOAT!!(=彼は史上最強の選手だ!!)」という英語訳になります。

replace(メンバーチェンジ)

試合中にメンバーチェンジがあった場合、解説の人はどう伝えるのでしょうか。

A選手 substitution replaced by B選手(A選手が交代し、B選手がコートイン)

よくNBAの試合で使わる英語フレーズは【replace(交代するという意味の動詞)】

【substitution(交代という意味の動詞)】で表現することが多いです。

dimes(アシスト)

選手がアシストした本数を、伝えるとき【9 dimes(9アシスト)】と話すことが多いです。

この【dimes】は10セント硬貨という意味で、あえて【assist】ではなくこちらが使われます。

この語源には諸説ありますが、10セント硬貨を利用して電話する公衆電話が

「人と人をつなげている」という由来があるそうですが、真相は現地の人もあまり分かってないみたいです。

no hesitation(ためらいなく)

調子のいい選手が躊躇なくシュートを打って、得点を決めるとき【no hestitation!(ためらいがない!)】と言います。

周りの味方にパスを出す選択肢があっても、絶対に入ると自信があるからこそ出来るプレーに対して

NBAの解説の人が称賛の意を込めて、no hestitation!と言っているのを聞きます。

他にも【hestitation move】だと緩急がある、ドリブルの動きに対して使うケースがあります。

EPIC Duel(壮絶な戦い)

手に汗握るような素晴らしい試合に対して、バスケット用語では【epic(壮絶な)】という形容詞を使います。

【EPIC duel(壮絶な戦い)】という英語訳になるのですが、近しい表現で言うと【edge】も使います。

「端」という意味の【edge】ですが、NBAにおいては「僅差での勝利」という意味になります。

逆に「圧勝する」と表現したい場合は【breeze】を使います
おんじ

直訳すると「そよ風」の意味がある、breezeですが「やすやすと」という表現として使います。

consecutive win(連勝)

次に「連勝」を、表現する場合は【consecutive】や【straight】を使います。

consecutiveは「連続した」、straightは「まっすぐな」という英語訳になりますが

【three consecutive/straight wins】で3連勝というフレーズになります。

defeat/take down(勝利する)

もう少し「勝利」に関係する英語フレーズを、いくつか見ていきましょう。

打ち負かす・倒すという、意味合いがあるのが【defeat/take down/beat】など。

【take down】は間に対象人物を入れて「take you down!(おまえを倒す!)」という使い方もあります。

他にも上部という意味で使われる、【top】も相手を上回る(=勝利する)という意味を持ちます
おんじ

competitor(競争者)

試合終了後に選手インタビューで、良く使われる英語フレーズが【competitive/competitor】です。

「competitor(競争者)」は名詞で「competitive(競争力のある)」という意味の形容詞になります。

competitive team(競争力があるチーム=強敵だ)というフレーズとしてよく使われます。

upset(覆す)

続いて【upset】は直訳でアップセットと言われることもありますが、簡単に言うと「番狂わせ」です。

NBA成績下位のチームが予想に反して、優勝候補のチームに勝ってしまうケース。

スポーツにおいて「絶対勝てる・負ける」はなく、まさにジャイアントキリング(giant killing)ですね。

 

sore/pain(痛み)

日本ではあまり見ないようなド派手なプレーが多いのが、本場NBAの試合ですね。

そのせいからなのか試合中にケガをしてロッカールームに下がる選手も少なくないです。

テレビ画面には「injury updates(怪我の最新情報)」と表示されますね。
おんじ

まず体の一部分に痛みを感じている選手に対して、よく使われる表現が【soreとpain】です。

「sore」は痛みという意味で、深刻な怪我ではなく「sore knee(=膝の痛み)」という英語訳になります。

他にも「体の部分+pain」で「~痛」というフレーズになります。

例えばですが

・lower back pain(腰痛)・calf pain(ふくらはぎ痛)
・wrist pain(手首痛)・groin pain(股の付け根の痛み)

など種類があります。

他にも疲労がピークに達した際の「痙攣」を【cramp】と表現します。
おんじ

muscle strain(肉離れ)

バスケの試合において多いのが、膝裏の筋肉(ハムストリング)の肉離れです。

英語に訳すると「hamstring strain」となり、試合終盤になるとたまに聞きます。

肉離れよりもっと深刻なのが、アキレス腱の断裂ですね。

引き裂くという意味の【torn】と、アキレス腱という意味の【achilles】を足した英語フレーズです。

concussion(脳震盪)

少し深刻な怪我ですがNBAの試合においては、脳震盪になるケースも多く英語訳は【concussion】

ちなみにNBAでは、メディカルチームの診断を受けないと再度試合には出られません。

 

日本語&英語で試合を観戦できる【Rakuten NBA Special】

NBAファンの愛用者が増えて、最近人気になっているのが『Rakuten NBA Special』

バスケットボールの最高峰の(超次元な)試合を、いつでも・どこでも視聴可能です
おんじ

月額972円で注目カードを厳選し、平日1試合以上・週末は2試合以上のLIVEを観戦できます。

他にも見逃し配信・ハイライト・オリジナル番組など、バスケ好きに喜ばれるコンテンツがたくさん。

【日本語⇔英語の音声切り替え機能】もあるので、2つの言語で白熱のライブを楽しめます。

(オフライン視聴可能)様々なデバイスに対応

「Rakuten NBA Special」では大迫力のテレビでの視聴はもちろん、スマホ・タブレット・ゲーム機など

様々なデバイスで見ることが出来て、しかもスマホアプリにダウンロードすればオフラインでも視聴可能。

【パケットを気にせず観戦できる】というのも、このサービスが選ばれているポイントです。

スポンサーリンク



-英語フレーズ

Copyright© 英語CAN.com , 2019 All Rights Reserved.