英語CAN.com

ー『国産純日本人』の英語ブログ。ー

英語勉強法

【英語勉強におすすめな海外映画(洋画)33選!】※英会話上達に効果的なのか?

投稿日:2018年11月25日 更新日:

この記事では【海外の映画(洋画)を活用した英語勉強法】について、徹底解説します。

洋画の中にはディズニーのようなアニメ映画など、学習初心者におすすめな作品が多くあります。

「海外ドラマは、英語勉強に効果的。」とは聞きますが、映画はどうなのでしょうか?

今回は海外映画を「英語教材として活用するメリット」について、詳しく紹介します。

英会話上達に効果的な【おすすめ映画】や、合わせて活用したい【(無料)アプリ】まで

まとめましたので是非、普段の英語学習に役立ててみてください。

【映画(洋画)のメリット】英語学習に得られる効果とは?

(ネイティブが使う)リアルな英語を聴ける

まず「海外映画が英語勉強におすすめ!」と言われている理由の一つに、

ネイティブが実際に使っている、生きた英会話を聴くことが出来るためです。

というのも「市販の教科書・参考書」に出てくる英語フレーズは、もちろん正しい表現ですが

どうしても固い言い回しが多く、実際にネイティブが日常生活で使用する英語はもっとフランクです。

リアルな英会話を聞いて耳が慣れてくれば、リスティング力アップに効果的ですし

セリフを真似するように声を出せば、イントネーション・アクセントなど発音の矯正に役立ちますね。

(音と文字で)英語が記憶に定着しやすい

また海外ドラマで英語学習する上でも同じですが、映画の場合も

音声と文字によって英語を認識するので、記憶として定着しやすくなります

お気に入りのシーンであれば、そのエピソードも一緒にインプットできますね。

これは英単語帳を使って英語を文字として、ひたすら覚えてくのと比較した場合

俳優さんの音声・更にそのシーンの映像も加わるので、意外と忘れにくく定着度が上がります。

わにま
(映画であれば)丸暗記にならず英単語の意味・使い方まで、学ぶことが出来るね。

(何と言っても)ストーリーが面白いので飽きにくい!

そして何より一番のメリットは、楽しく英語学習が進められることですね。

海外映画を、勉強に活用する場合に

【SF・アクション作品・あまり古すぎる・スラングが多い】作品は良くないと、言われます。

確かにそれぞれ理由があるのですが、それより大事なのは自分が好きなジャンルの映画かどうか。

いくら【英会話上達に役立つセリフが多い映画】と言えど、さすがに2時間も見ると飽きてきます。

それよりは最低限自分の興味がある洋画を使って、次から紹介する勉強方法を試してほしいです。

【やり方】海外映画(洋画)を活用した英語勉強法!

(吹替版×)英語字幕で内容を理解しよう

それでは、映画を活用した英語学習法の【やり方】について解説します。

まず最初は英語の「字幕×音声」で映画を見ることを、ブログ管理人はおすすめします。

他のブロガーさんの中には「最初は、日本語字幕 or 日本語吹替で見る」という意見もあり

どれが正解とかはないですが、あくまで【勉強用】なので日本語で理解するのは△かなと思います。

「まずはシンプルに映画を楽しむ。」という意見もありますが、日本語「字幕・吹替」で見ると

英語を日本語で訳して意味を理解しようとする、癖がついてしまう可能性もあります。

最初は「英語ばかり」でストレスになるかもしれませんが、英語の字幕・音声で

純粋に映画を楽しみつつも、登場人物の発言を英語で理解するようにしましょう。

すーき
英単語の訳がわからない場合は、電子辞書などで調べても良いですね。

(可能であれば)映画のスクリプトを用意する

また最近であればAmazon(アマゾン)に便利な本が売っており、名作の映画は

セリフ全文(スクリプト)・名言音声集を、別で購入することが出来ます。

スクリプトを確認しながら映画を見れば、一つ一つのセリフ・英単語をチェックできます。

分からない単語・文法が出てきた場合は、スマホ・ノートにメモを取るのもおすすめです。

日常英会話に必須の英単語も多いので、少しずつボキャブラリーを増やしていきましょう。

Amazonで「名作映画完全セリフ集」と検索して、調べてみてください。
おんじ

(最初は)リスニングをに集中して映画を見よう

映画で学習を進める準備が終わったら、いよいよ作品を見ていきましょう。

まず最初の何回かは多聴・多読で、英語の意味が分からなくても・いちいち止めず

「映画のストーリ全体を理解する・一つでも多くの音を聞き取る」ことを意識し

最後まで見終わった後に【どれくらい聞き取れたか?】把握できていれば、OKです。

すーき
映画は会話の流れ・シーンの背景で、英語の意味を連想しながら見られるね。

(真似したいと思える)お気に入りシーンを見つける

そしてリスニングに集中しながら映画を見る中で、このシーン好き・自分も言いたい!

と思えるような「お気に入りのシーン」は、覚えておきましょう。

大事なのは「会話シーン」から選ぶということ、選んだシーンを深堀して英語勉強に活用します。

ここで意味が分からなかった英単語・文章構造は、電子辞書やスマホで調べて理解を深めます。

使えそうな3分~5分ほどのシーンをピックアップし、単語・文法を勉強する。】を1セットとし

少しずつ好きなシーンで出てきた、登場人物のセリフを使って学習していきます。

(シャドーイング)俳優の発音をまねて声を出そう!

英会話の上達において「聴く・読む」ことで、インプットを増やすことも大事ですが

もっと大事なのが「書く・話す」ことによって、アウトプットをすること。

映画を見ただけで英語の学習ができれば、誰も苦労はしませんよね。

ここからは好きな俳優さんのセリフを、発音・アクセントを真似しながら声に出して練習します。

ただ棒読みにせずイントネーションまで完全再現して、音読するようにしましょう。

(ディクテーション)リスティングしてノートに書き取る

何回も映画を見て慣れてきたら、ディクテーションにも挑戦してみてほしいです。

ディクテーションとは俳優さんのセリフを聞いて、英語で書き下ろすトレーニング。

リスニング力アップに効果的な「ディクテーション」は、英語字幕なしで行います。

そのため【何度も見たことがある映画作品】の方がストーリーを理解している分、実践しやすくおすすめです。

英語学習に効果的な【映画作品を選ぶポイント】

「自分の英語レベルに合った」映画作品を選ぼう

まず映画で英語の勉強を進めるうえで、大事なのが「自分の英語レベルを知ること」

いくらストーリーが面白くて、初心者にとって取り組みやすい海外映画と言えど

最低でも中学英語レベルの【リスニング力・文脈理解力・語彙力】がないと、ストーリーが理解できません。

日常英会話レベルの中学英語を、きちんと学習していることを前提とし

英語初心者の方は、ディズニー作品などのアニメの映画を活用するのがおすすめです。

子供向けの映画であれば英語フレーズも簡単で、ストーリーのテンポが良く

初心者の方でも比較的ストレスを感じることなく、学習を進められると思います。

「英語のスラング」が少ない作品を選ぶ

「英語学習するための映画作品の選び方」でよく言われるのが、スラングの少ない作品。

日本で言う「若者言葉」や、ビジネスシーンなどフォーマルな場面で使用すべきでない

スラング(俗語)が多い映画作品は、間違って使わないように避けるのが賢明です。

(古すぎる作品はNG!)新しい作品を選ぶようにしよう!

こちらもよく言われますが30年以上前など「あまりに古すぎる作品」は、避けた方が無難と言われます。

英会話上達が目的であれば、今の【ネイティブが使わない表現】を覚えても仕方ないですよね。

また日常英会話で使用頻度の少ないフレーズが出るケースが多い「刑事・法律・歴史」映画

そもそもセリフのシーンがあまり多くない「SF・アクション」ジャンルも、おすすめされていません。

(一番大事なポイント)好きなジャンルの映画を選ぼう

ここからはブログ管理人も個人的な意見ですが、優先すべきは「自分が好きなジャンルか?」どうかです。

英語学習にメリットがあるかで言えば「ディズニー(アニメ)・学園・コメディ・恋愛映画」を選ぶのがベターです。

ですが飽きてしまっては元も子もないので、試しに映画を見てみて・自分の英語レベルでも

挑戦できるなと思った場合は、好きなジャンルを優先して見てもらった方が良いと思います。

(無料)YouTubeで試し見するのもおすすめ!

自分の英語レベルに合っているかどうか、興味を持って英語学習に取り組めるか

判断する材料として、YouTubeで見たい映画作品を試しに見ても良いですね。

YouTubeであれば無料ですし、短い名シーンだけアップされているケースが多いので

DVDなど購入される前に確認しても良いですね、一応英語の字幕機能もあるので便利です。

【学習初心者におすすめ】ディズニー映画6選!

ファインディング・ニモ(Finding Nemo)

ディズニー作品など子供向けの映画は、初心者でも効果的に学習に活用できます。

子供から大人まで見られるよう比較的、簡単な英語が使われているだけでなく

アニメの場合は声優さんが聴き取りやすいよう、発音してくれています。

迷子になってしまったニモを探すため、父親のマーリンが大冒険する

「ファインディング・ニモ」は15年前の作品と言えど、未だ人気のディズニー作品ですね。

塔の上のラプンツェル(Tangled)

「ディズニー作品の中で、一番英語学習に効果的!」と言われているのが、塔の上のラプンツェル。

基本的には主人公「ラプンツェル」と「ユージーン」の会話で、ストーリーが進むのですが

2人の会話の中に実用的な英語表現が多いだけでなく、ストーリー展開も面白く見入ってしまうと思います。

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)

サリーやマイクなど可愛らしい登場人物が登場する、モンスターズ・インク。

続編も出ており、今でも大人気の映画の一つですね。

「英語の勉強」という点で見ると、子供に対して話しかけるシーンが多いだけでなく

舞台が「仕事場」なので、ビジネスで使用するような英語も出てきます。

アナと雪の女王(Frozen)

「生まれてはじめて・Let It Go・とびら開けて」など口ずさみたくなる挿入歌の

おかげもあり日本だけでなく、世界中で社会現象となった「アナと雪の女王」。

エルサ・アナの使う英語は、ティーンエージャーが使うような英語表現が多く学習に最適です。

トイ・ストーリー(Toy Story)

1・2・3とシリーズがある、トイストーリーも英語学習におすすめな映画の一つ。

ウッディやバズなど登場するキャラクターたちのセリフの中には、一部早口だったり

難しい表現が出てくるシーンもありますが(アンディなど)登場する子供のセリフは聞き取りやすいです。

わにま
映画の舞台も家の中なので、実用的な英会話が多く出てくるよ。

魔法にかけられて(Enchanted)

「魔法にかけられて」は2007年に公開された、ディズニーのミュージカル映画。

2Dのアニメと実写で描き分けられており、コメディドラマのような面白さがあります。

 

 

【子供におすすめ】アニメ映画で英語勉強しよう

(ジブリ映画1)魔女の宅急便

Kiki's Delivery Service

ディズニー作品だけでなく、日本のジブリ映画も英語初心者。子供さんにおすすめです。

いくつかの作品は「英語版」が販売されており、英語の字幕付きで鑑賞できます。

見習い魔女のキキが親元を離れて、違う街で奮闘していく「魔女の宅急便」は

主人公の年齢に合わせてからか、中学1年生レベルの簡単な英語しか出てきません。

ですので中学英語の基礎から勉強したい方・小学5~6年生の子供さんにも見てほしいです。

(ジブリ映画2)となりのトトロ

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)

サツキとメイの姉妹が、トトロと出会った不思議な体験をする「となりのトトロ」。

こちらも英語版があり、主人公は幼い2人なのでリスニングの練習に最適です。

【迷ったらコレ】英会話上達に役立つ有名映画!

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

映画だけでなく【洋書】も英語勉強におすすめされている、チャーリーとチョコレート工場。

工場長であるウィリー・ウォンカと、チャーリー含む「5人の子供たち」を中心に話が進みます。

幼い子供に対して話すシーンが多く、使われている英語も易しく学習にはピッタリです。

ホーム・アローン(Home Alone)

ホーム・アローン

主人公ケビンと2人組の泥棒が登場する、コメディ映画「ホーム・アローン」。

家に1人留守番をしているケビンが、侵入してくる泥棒を退治するストーリー

テレビでも度々放映されているので、一度は見たことがあると思います。

少し昔の映画ですが主人公が子供で、英語レベルとしては「初級」ですし

ケビンが泥棒に対する撃退法が、とても面白く・飽きずに見られます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

知る人ぞ知る有名なSFアドベンチャー映画である、バック・トゥ・ザ・フューチャー。

先ほどお伝えしたようにSF映画は専門用語が多く、学習に向いていないという

デメリットがありますが、バック・トゥ・ザ・フューチャーでは

スラングの少ないキレイな英語が多く、英会話の勉強にはおすすめです。

きみに読む物語(The Notebook)

きみに読む物語

純愛映画と言えば「きみに読む物語」は、個人的には絶対外せない作品の一つです。

冒頭では療養施設が舞台となり、老いによって過去のことを思い出せずにいるアリーに

老男デュークが、ノートに書かれた物語を彼女に読み聞かせるところからスタートします。

実は「その物語」には若かりし頃の2人のことが書かれており、余命短い2人のラストは涙なしでは見られません。

ハイスクール・ミュージカル(High School Musical)

ハイスクール・ミュージカル

アメリカの学校に通うトロイとガブリエラという、2人の学生が主人公の「ハイスクール・ミュージカル」。

ミュージカルのオーディションを通じて、2人が惹かれあうというストーリーで

歌うシーンもたくさんある映画ですが、中でも「始まりの予感(Start of Something New )」は名曲です。

サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)

サウンド・オブ・ミュージック

「サウンド・オブ・ミュージック」も、英語の勉強にはピッタリなミュージカル映画の一つ。

舞台となるオーストラリアで修道女のマリアは、厳格なトラップ家で家庭教師をすることに。

トラップ家には7人の子供たちがおり【音楽を活用した教育方法・優しい人柄】で、マリアのことが大好きになります。

しかし厳格な父親であるトラップ大佐と対立してしまうのですが、なんとマリアは次第に大佐に惹かれることに…。

すーき
「ドレミの歌」や「エーデルワイス」は、誰もが聞いたことがある名曲だね。

マダム・イン・ニューヨーク(English Vinglish)

マダム・イン・ニューヨーク

「マダム・イン・ニューヨーク」は英語を勉強する、モチベーションアップにもなる映画です。

家族の中で唯一英語が話せず、コンプレックスを感じていた専業主婦のインド人女性「シャシ」。

ある日結婚式の手伝いを頼まれ一人でニューヨークに向かったシャシは、英語が話せずアメリカでの生活に苦戦します。

そんな時偶然「英会話教室」の広告を見つけて、シャシは家族に内緒で教室に通い始めることに。

英会話学校での授業の中には、英語学習のやる気を出してくれるシーンがあります。

わにま
またシャシの仲間たちとの成長は、とても勇気づけられるのでおすすめだね。

フォレスト・ガンプ/一期一会(Forrest Gump)

フォレスト・ガンプ(一期一会)

アカデミー賞作品賞・ゴールデングローブ賞を受賞している、有名映画「フォレスト・ガンプ」。

人より知能が劣っていたことで、幼少時代はイジメられたりもした主人公「フォレスト」が

自身の努力と仲間に支えられて、成功を収めていくという「ヒューマンドラマ」になっています。

主人公演じる「トム・ハンクス」の発音は、とても聴き取りやすい英語なのも特徴的です。

タイタニック(RMS Titanic)

タイタニック

主演レオナルド・ディカプリオが一躍有名になったとも言われる、ラブロマンス映画「タイタニック」。

ストーリーの内容は既にご存知かと思いますし、ストーリーも至って分かりやすくおすすめです。

ターミナル(The Terminal)

ターミナル

「ターミナルが、英語学習におすすめされている理由。」は、主人公のビクターが

もともと英語が話せず、徐々に覚えていくというストーリー性です。

(ヨーロッパの架空の国)クラコウジアから、ニューヨークに向かっている間に

祖国がクーデターにより消滅してしまい、入国も帰国も出来ないままに

行き場がなくなりアメリカの空港で、生活を余儀なくされた「ビクター」

彼の空港関係者との、やり取り・仲良くなる過程を描いた【ヒューマンドラマ】です。

すーき
最初は全く英語が話せないベクターに、感情移入しながら鑑賞できそうだね。

ライフ・イズ・ビューティフル(Life Is Beautiful)

ライフ・イズ・ビューティフル

「ライフ・イズ・ビューティフル」は第二次世界大戦中の、ユダヤ人迫害を描いた有名映画。

戦争中でも変わらぬ「父親の息子への愛」には、誰しもが涙すると思います。

500日のサマー(500 Days of Summer)

(500)日のサマー

ロサンゼルスで働く主人公トムと、秘書として新しく採用されたサマーとの

恋愛模様がテーマになっている「(500)日のサマー」

20代の2人の登場人物が過ごした500日間を、時系列に合わせて進んでいく

超王道の恋愛映画となっており、特に女性の方にはおすすめしたい作品です。

テッド(Ted)

テッド&テッド2

日本でも放映され話題となった、コメディ映画である「テッド」。

容姿は可愛いぬいぐるみであるテッドですが、見た目と中身のギャップがすごい!

少々きたない英語も出てきますが、作品全体を通じで簡単な英語なので

初心者の方でも、楽しく学習に使える作品の一つだと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン(Pirates of the Caribbean)

パイレーツ・オブ・カリビアン(最後の海賊 )

ジョニー・デップ演じる、キャプテン「ジャック・スパロウ」が主人公の、パイレーツ・オブ・カリビアン。

使われている英語が難しく難易度は高いですが、ストーリーは間違いなく面白いです。

ターミネーター(The Terminator)

ターミネーター

SF・アクション映画が好きという方に、おすすめしたいのは「ターミネーター」です。

人工知能(AI)マシンと人間が戦うストーリーの、ターミネーターでは

【I'll be back.】など名言がたくさん出ててくるので、是非英語字幕で見てみてください。

トワイライト(Twilight)

トワイライト-初恋-

10代の少女ベラ・スワンが、吸血鬼であるエドワード・カレンと、出会って物語がスタートする「トワイライト」。

10代や若い世代をターゲットとした映画ということで、典型的なアメリカ英語のアクセント

比較的理解しやすい英語で話されている「日常会話のシーン」が多い作品になっています。

ハンガー・ゲーム(The Hunger Games)

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス

ハンガーゲームもSF映画の中では、専門用語が少なく勉強には使える映画になってます。

近未来の「パネム」という独裁国家では、毎年「ハンガーゲーム」という戦いに2人選出されるお話。

アクセントは北米のキレイな発音で、ゆっくり話してくれるので比較的易しく理解しやすいです。

【仕事場で使える英会話】ビジネスに役立つ映画3選

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)

プラダを着た悪魔

ファッションに疎かったブログ管理人(男)が、当時の彼女に【見て勉強して!】と言われ

勧められたのが「プラダを着た悪魔」だったことを、すごく覚えています。笑

ジャーナリストを志している主人公「アンディ」は、一流ファッション誌「ランウェイ」の面接を受けます。

ファッションに興味がなかった彼女が、編集長ミランダのアシスタントとして働き始め奮闘する姿が描かれています。

女性から圧倒的な人気を誇る「プラダを着た悪魔」は、難易度は高めですがビジネス英語がとても多く出てきます。

ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)

ソーシャル・ネットワーク

ブログ管理人が【WEBの世界】に興味を持ったきっかけとなった映画、ソーシャル・ネットワーク。

SNSの先駆けともいえるFacebook創設者の「マーク・ザッカーバーグ」の半生が描かれた映画です。

(プログラミングなど)IT専門用語や、法律の用語もたくさん出てきますが

主人公マークの、大学次代の友情・恋愛などのシーンもたくさん出てきます。

英国王のスピーチ(The King’s Speech)

英国王のスピーチ

「英語国王のスピーチ」は、話すときに【吃る(どもる)】という問題を抱えている

イギリス国王ジョージ6世が「語学療法士のライオネル」のもとで、国民の前で

スピーチが出来るよう練習していく映画になっており、プレゼンの勉強にもなります

【イギリス英語を勉強したい】おすすめ映画5選!

最後にイギリス英語を勉強する人に、おすすめしたい映画作品を紹介します。

ここまでは基本的にアメリカ英語に、触れることが出来る作品が多かったですが

舞台となっている国がイギリスになれば、文化・習慣・考え方も違ってきます

これらの違いを楽しみつつ。イギリス映画も是非チェックしてみてください。

映画に出てくる情景描写は、留学・海外旅行に参考にもなるかもしれませんね。
おんじ

ハリー・ポッター(Harry Potter)

ハリー・ポッターと賢者の石

説明不要のファンタジー魔法映画である「ハリーポッター」シリーズ。

シリーズの中で「一度見たことがある作品」だと内容を理解している分、学習が捗りますね。

著者J・K・ローリングは「イギリス人小説家」ということで、ハリーポッターに出てくる

登場人物の多くはイギリス人なので、イギリス英語を勉強したい方にもおすすめの作品です。

ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones's Diary)

ブリジット・ジョーンズの日記

ロンドンで一人暮らしをするブリジットの、恋に仕事に奮闘する「ブリジット・ジョーンズの日記」。

女性なら誰しもが共感できる部分が多く、世界中から支持されている映画です。

舞台はイギリスなのでイギリス英語を勉強する場合には、是非チェックしてほしい作品となってます。

マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)

マイ・フェア・レディ

オードリー・ヘップバーン演じるイギリスの下町生まれで、下品な英語を話す花売り娘の「主人公イライザ」。

そのイライザが言語学の教授であるビギンスと出会い、発音・英単語・マナーまで勉強するというお話。

最初は汚らしい花売り娘だったオードリー・ヘップバーンの変貌も、マイ・フェア・レディの魅力の一つです。

ラブ・アクチュアリー(Love Actually)

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリーはクリスマス間近にした、男女が繰り広げるラブストーリーがテーマです。

おすすめポイントは登場人物が多国籍なので、アメリカ英語はもちろんイギリス英語にも触れることが出来ます。

ハング・オーバー(The Hangover)

ハングオーバー!

3部作あるハング・オーバーは、友人の結婚式に向かう酔っ払い3人に

起こるハプニングをテーマとした、イギリスのコメディドラマです

100分間と短い作品で・内容も面白いので、飽きずに何度でも見られます。

【映画のデメリット】海外ドラマを活用するメリット

【映画と海外ドラマ】を比較した場合に、英語学習に活用するという視点から言うと

1点だけ海外ドラマのメリットがあり、それは1作品当たりの視聴時間が短いこと。

映画の場合は最低でも90分以上あるので、連続して勉強をしているとさすがに疲れます。

その点海外ドラマが1話あたり30分程度で、また映画に比べればアクションシーンが少なく

会話のシーンが多い傾向にあるので、ドラマを活用するのもこのブログではおすすめしています。

英語学習に役立つ【おすすめ教材(本・アプリ)】

洋画で英語学習するうえで、台本(スクリプト)が書かれている本を

入手したほうが、効果的に学習できるというお話をしましたね

最後にブログ管理人がおすすめする、英語勉強をサポートしてくれる優秀サービスを紹介します。

(有料アプリ)スタディサプリENGLISH

まず最初にご紹介するのが、大手リクルート社が開発したという最強の英語学習アプリ「スタデサプリENGLISH」。

海外映画を活用する場合のデメリットとして、体系的に頻出単語・文法を学習できないという点があります。

ただストーリーを楽しみながら勉強できるというのが、メリットだと思いますが

そのメリットを残しつつ・デメリットを解消できるよう、作られたのが「スタデサプリENGLISH」なのです。

 

 

「日常英会話・TOEIC対策」コース

英会話上達に必須の表現を自分の英語レベルに合わせて、体系的に学べるだけでなく

シナリオ制作会社が書き下ろしたドラマのようなストーリー展開は、ついつい続きが気になります。

アプリ1つでディクテーションなどの機能も使用可能で、勉強に必要なものは全て揃っています。

スタデサプリENGLISHには【日常英会話コース】【TOEIC対策コース】があるので、

自分の学習目的に合わせて使い分けられます、是非以下も参考にしてみてください。

(無料アプリ)VoiceTube

また最近では英語勉強用の優れたアプリも多くリリースされており、VoiceTubeもその一つです。

【VoiceTube】はYouTubeを語学学習用に、パワーアップさせたようなアプリで

「字幕・単語帳・英語クイズ」など、YouTubeにはない機能が搭載されています。

完全無料で使用可能なので、是非一度使ってみるのもアリだと思います。

VOD(Amazonプライム・Hulu・Netflix・U-NEXT)

海外の映画を見る場合はDVDを購入するのが普通ですが、VOD(動画配信サービス)を活用すれば

よりお得な月額料金で、多くの洋画・海外ドラマを見ることが出来ます。

有名なVOD(ビデオ・オン・デマンド)で言えば、Amazonプライムビデオ・Hulu・Netflix・U-NEXTなど。

今回は「英語学習に便利な機能があるか?」という視点で、比較してみます。

すると海外ドラマ・映画の数が多く、便利な字幕機能など充実している【Hulu・NetFlix】が一番おすすめ。

わにま
Amazonプライムは【月額料金が1番安い。】という特徴があるね。
すーき
U-NEXTも日本のドラマが多く見れたり、漫画が読めたりメリットがあるね。

FOD(動画配信サービス)サービスの「比較表」

サービス名 Amazonプライム Hulu Netflix U-NEXT
月額料金 400円(もしくは年間3,900円) 933円 3プラン(800円・1,200円・1,800円) 1,990円
無料お試し あり(30日間) あり(14日間) あり(31日間) あり(31日間)
サービスの特徴 ・「お急ぎ便・日時指定便」使い放題
・(PrimeMusic)100曲以上が聴き放題
・(Prime Reading)本・漫画が読み放題
・【日本語×英語】字幕を視聴可能
・10秒巻き戻し機能
・(海外ドラマのみ)英語字幕機能あり
・30秒巻き戻し機能
・(海外映画も)英語字幕機能あり
・【漫画・書籍・ラノベ】が読み放題
・(日本最大級)国内ドラマが多い

-英語勉強法

Copyright© 英語CAN.com , 2018 All Rights Reserved.