英語勉強法

【効果あり】英語シャドーイングのやり方!おすすめ教材(本・アプリ・YouTube)。

『英語シャドーイングのやり方・コツ』について徹底解説します。

スピーキング上達に効果的と言われている、シャドーイングですが

正しいやり方を理解しておらず「難しい」と感じている人も多いです。

わにま
今回は初心者向けに、分かりやすくシャドーイングのコツを教えるよ。

この記事ではシャドーイングの効果を高める、正しい練習方法について

おすすめ教材(アプリ・本・YouTube動画)を、いくつか紹介します。

無料で使えるものもあるので、英語シャドーイングに挑戦する時は

ブログ管理人が厳選した教材の中で、いくつか実際に使ってみてください。

スポンサーリンク



【メリット】シャドーイングに取り組む効果とは?

まずは「シャドーイングとは何なのか?」「なぜスピーキング上達に効果的と言われているのか?」

など、シャドーイングに取り組むことで得られるメリットについて紹介します。

(そもそも)シャドーイングとは

そもそもシャドーイングとは英語の音声を聞いて、その音声を真似して発生する練習方法です。

聞こえてきた英文のすぐ後を、"影のように"追いかけて真似しながら

発声するので「影=shadow」から、シャドーイングと呼ばれています。

  • 音声】I always play baseball.
  • 自分】 I always play baseball.

シャドーイングは、もともと同時通訳者の方向けの練習方法だったのですが

以下のように「スピーキング上達」以外にも、メリットがあることから今では

多くの英語学習者が実践している、有名なトレーニング方法の一つです。

「オーバーラッピング」との違い

ちなみにシャドーイングと混同している人が多いのが「オーバーラッピング」なのですが

これは"英文を見ながら、音声と同時に発声する"トレーニング方法のことを言います。

  • 音声】I always play baseball.
  • 自分】I always play baseball.
すーき
英文を見ながら取り組めるので、初心者の方にオススメなんだ。

もしシャドーイングが上手くいかない場合は、教材のレベルを下げるか

まずは、オーバーラッピングから取り組むのも良いと思います。

「スピーキング上達」に役立つ!

それでは、具体的に「シャドーイングで得られるメリット」について紹介します。

まずシャドーイングは「スピーキングの上達」に効果的と言われています。

そもそも英単語の意味やスペルを"知っている"だけで、ご自分で"使いこなす"

練習をしなければ、いくら単語を覚えてもスピーキングは上達しません。

わにま
だから「英文を音読することはとても大事」と誰しもが言うんだよね。

シャドーイングによって、繰り返し英語の音声に続いて発声練習をすることで

(英語を)アウトプットの機会を作ることが出来る、というわけですね。

(伝わる)発音矯正にも効果的!

更にシャドーイングに取り組むことは、発音の矯正にも役立ちます。

そもそも英語と日本語では発音の仕方が異なり、英語発声を真似する練習をしないと

一向に「相手に伝わる英語」を、日本人が身につけることが出来ません。

わにま
シャドーイングで綺麗な発音を、そっくりそのまま真似て練習することが大事なんだ。

この練習を繰り返すことで、相手に伝わりやすい英語を身につけることが出来ますし

何より自信を持って堂々と話せるようになるのは、大きなメリットですね。

イントネーションとアクセント

またシャドーイングによって、英語のイントネーション・アクセントも身につきます。

  • アクセント:文中のどの単語を強めに言う
  • イントネーション:文末で意図的に音を上げる

日本語の場合は全ての単語を均等に発音するのが普通ですが、英語の場合は全く違います。

例えば日本人は「ありがとう」と普通に話す言葉でも、ネイティブの場合「アリガ(↑)トウ」と話すように

"ガ"に強いアクセントが入るので、日本人からしたら片言のように聞こえますよね。

わにま
これは日本人が、英語でネイティブに話すときも同じなんだよね。

日本語にはあまり強弱のアクセントがないので、いつも通り平坦に話しかけてしまうと

ネイティブスピーカーからしたら「聞き取りずらい」と感じてしまいます。

そのためシャドーイングでは"アクセント・イントネーション"まで、しっかり真似して練習することが大事なのです。

「リスニング力アップ」にも効果的

またシャドーイングは英語音声のスピードに慣れてくれば、リスニング力もアップしてます。

そもそもシャドーイング中に、自分が聞き取れない単語があった場合

  • そもそもその英単語を知らない
  • 知ってる単語だが発音を知らない
  • 英語独特の音の変化に慣れてない

などいくつか原因が考えられますが、もし「その単語の発音を知らなかった」場合は

シャドーイングで発音を真似して練習すれば、その英単語の発音を覚えられますよね。

すると次にリスニングで同じ単語が登場した時、聞き取れるようになるわけです。

すーき
「自分で発声できるようになった単語」は、次出題されたとき「聞き取れる単語」になってるんだね。

このようにシャドーイングは英語の「喋る(スピーキング)」「聞く(リスニング)」を同時に練習できます。

ちなみに私たちが普段話している日本語なら、なんとなく聞いていても文脈を理解できますが

英語の場合そうはいかないので、音声を集中して聞いて意味を理解する必要があります。

そのためシャドーイングする時は、イヤホン・ヘッドホンをして取り組むようにしましょう。

「リーディングスピード」も上がる

またシャドーイングはTOEICのPart5.6.7の、長文読解の対策で取り組む人がいるくらい

リーディングスピードをアップさせるためにも、ピッタリの学習方法だったりします。

もし最後まで問題を解き終われず、時間切れになってしまうという方であれば

シャドーイングを継続してみて、速く・正確に読むための練習をしてみてください。

わにま
シャドーイングは、英語の「読む・聞く・話す」の3つを鍛えられるんだね。

(英単語)語彙をインプットできる

先ほど紹介したように、シャドーイングで自分で聞き取れない単語があった場合は

「そもそもその英単語を知らなかった」というパターンもありますよね。

シャドーイングは耳で聞いて・口に出して練習するので、単純に英単語を覚えるよりも

圧倒的に効率よく、新しいフレーズをインプットすることが出来ます。

すーき
新しく出会った知らない英単語は、どんどん調べて意味を覚えよう。

スポンサーリンク



【やり方】英語シャドーイングの正しい練習方法

ここからは具体的に「英語シャドーイングのやり方」について詳しく解説します。

教材選びからいくつか手順があるので、是非取り組むときの参考にしてみてください。

(レベル別)自分に合った教材選び

まずはシャドーイングに必要な教材を用意するわけですが、選び方のポイントは

  1. ネイティブスピーカーが話している
  2. 聞き取れるスピード(速度調節OK)
  3. ある程度は理解できる(80~90%)

などを参考に選びます、具体的な教材については後で詳しく紹介していきますね。

シャドーイングは流れてくる音声と同時に発声し、意味を理解する必要があるので

長過ぎたり・難しい問題だと最初から挫折してしまいます。

わにま
(初級から)レベル別で問題分けられている教材がオススメだよ。

シャドーイングを始めたての方であれば、今の英語力より少しレベルが低いもの

(簡単だと感じられるもの)から、徐々にレベルアップするようにしてください。

(精読し)分からない単語を調べる

それでは具体的にシャドーイングしていくわけですが、最初にやるべきは"精読"です。

そもそもシャドーイングはリスニング×スピーキングUPに、効果的な学習方法ですが

意外と難易度が高く、ある程度の語彙力がないと上手くできない可能性があります。

わにま
そのため、まずは知らない単語・熟語を辞書で調べておくんだね。

もし教材として使う英語の音声が、分からない単語・熟語・文法だらけで

目で読んでも理解できないなら、シャドーイングは難しいので教材を替えましょう。

(正しい発音)音声を何度も聞こう

続いて精読した後は、音声をじっくり聞き"発音・イントネーション"を確認します。

ここでは可能な限りテキストは見ずに、リスニングすることに集中しましょう。

1~2回音声を聞いて、大まかに「何の話をしているのか?」理解できればOKです。

「テキストを見て」シャドーイング

それではいよいよ、1回目のシャドーイングに挑戦していきます。

ここではテキストを見てもOKですが、出来るだけ見ずに耳を頼りに挑戦しましょう。

わにま
最初は全然聞き取られなくても、徐々に英語耳が育っていくよ。

シャドーイングをする時に意識してほしいのが、意味を理解しながら発声すること。

音を聞き取るだけではリスニングのスコアは伸びないので、英語の音声を聞きながら

意味もしっかり理解するように練習すると、シャドーイングの効果は高まりますよ。

(音声を録音)お手本の音声と比較

またシャドーイングする時に可能であれば、自分の声を録音して比較してみてください。

録音した音声とテキストを見比べて、どこが出来ていなかったか復習をします。

この後も再度シャドーイングをするので、その前に「どの発音が間違っていたのか?」や

「イントネーション・アクセントは正しかったか?」など、確認してみてください。

「何も見ず」シャドーイングに挑戦

そして次のシャドーイングでは、テキストを見ずに挑戦するようにしてください。

1回目で追いかけられなかった部分を、意識しながら練習するのがオススメです。

すーき
テキストを見ずにシャドーイングする時も、録音はしておくんだよ。

「この文章は完璧にシャドーイングできる(=使いこなせる)」と感じるまで

何度も挑戦してみて、"この英文は完璧だ"という状態を目指しましょう。

 

【初心者向け】シャドーイングする時のコツ5選!

ここまで英語シャドーイングの正しいやり方について解説してきました。

続いてシャドーイングする時に、注意してほしいポイントをいくつか紹介します。

(棒読みNG)発音・アクセントを意識

ここで注意点なのが棒読みで発生するのではなく、発音・アクセントを意識すること。

発音・アクセント・イントネーションが身につかないと、一向に「伝わる英語」を身につける

ことは出来ないので、一単語ずつしっかり声に出して発音するようにしてください。

(ながら勉強)隙間時間を上手く活用

次にシャドーイングは、ちょっとした隙間時間も活用して取り組んでください。

例えば「朝起きた後・夜寝る前・お昼の休憩中」など、シャドーイングは

音声があればいつでも・どこでも取り組めるのが、大きなメリットと言えるので

とにかく毎日時間を決めて練習して、習慣化するように意識することが大事

わにま
英語学習って、毎日続けられるかどうかが一番大変なんだよね。

「毎日夜寝る前の10分間」でも良いので、時間を固定しておくことをおすすめします。

(初心者)リピーティングからでもOK

もしシャドーイングに実際取り組んでみて、なかなかついていけず難しいと感じた方は

(シャドーイングではなく)リピーティングからスタートしてみるのもおすすめ。

リピーティングとは英語の音声を聞いて、一旦音声を停止してから発生する練習方法。

音声】I always play baseball.
(一旦止める)
自分】I always play baseball.

このように1フレーズごとに切って発音すれば、聞き取りやすくなると思います。

すーき
リピーティングで挑戦する場合は、テキストは見ないように工夫しよう

(期間を空けて)もう一度復習しよう

これは英語学習に限ったことではないですが、以前より上達しているのか?

効果が感じられないと、なかなかモチベーションを保つのって難しいですよね。

そこで試してほしいのが、定期的に「以前取り組んだ課題に、再挑戦すること」です。

わにま
例えば3ヶ月に1度、どれくらいシャドーイングが上達したかチェックしてみて。

毎日継続的に取り組んでいれば、少しずつでもリスニング力・スピーキング力が

アップしているはずなので、実力試しだと思ってチャレンジしてみてください。

 

【アプリ・本・YouTube】おすすめ教材8選を紹介

最後にブログ管理人が、シャドーイングにオススメしたい教材をいくつか紹介します。

お試しで使えるものもあるので、是非普段の学習に活用してみてください。

 

(英単語を学ぶ)速読英単語

速読英単語 必修編(改訂第7版)

すーき
まずはシャドーイングにおすすめしたい書籍をいくつか紹介するよ。

もし英単語をインプットしつつ、シャドーイング練習をするなら『速読英単語』。

この本は初級・上級編があるので、レベル別で選ぶことが出来る書籍です。

「長文の中で英単語を学ぶ」というユニークな書籍になっており、ストーリーと

一緒に基礎的な英単語・熟語を、インプットするにはピッタリだと思います。

音声CDは別売りになっているので、その点だけ注意するようにしてください。

 

(音読に活用)音読パッケージ

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

続いてシャドーイングに必要なものが、全て詰まった『音声パッケージ』。

音声パッケージは"中学レベルの文法"に、語彙を制限しているので

今からシャドーイングを始めたいと考えている、初心者の方におすすめ。

TOEIC試験対策で、リスニングの練習をしたい方にもピッタリですね。

 

(超入門)英語シャドーイング

決定版 英語シャドーイング[超入門]【CD付】

シャドーイングの練習問題を解くというより、シャドーイングのやり方について

ワンステップずつ細かく書かれているのが『超入門 英語シャドーイング』です。

タイトルの通り"超入門"なので、基礎的なことが分かる方には物足りないと思います。

「まずはシャドーイングの正しい方法を知りたい」方にはおすすめですね。

 

(日常英会話なら)スタディサプリ

次に紹介するのが、シャドーイングにオススメしたい「アプリ編」ですね。

日常英会話を基礎から身につけるなら『スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)』。

スタディサプリENGLISHは、シャドーイング・ディクテーションなど

アプリ1つで取り組める、一人英語学習にはピッタリのアプリなのですが

レッスンがドラマ仕立てになっており、楽しみながら取り組むことが可能です。

わにま
7日間は無料で使えるので、お試しでダウンロードしてみてね。

 

\月額980円で追加料金は一切なし/

新日常英会話コースを体験

※会員登録後、7日間は無料で使えます。

 

(無料)YouTubeを活用する

もし無料でシャドーイングの教材を用意するなら、YouTubeを活用してみてください。

例えば研究者・政治家・科学者・ノーベル賞受賞者・ジャーナリストなど、様々なジャンルの

第一線で活躍する方のプレゼンが資料できる『TED』は、社会人の方にはピッタリです。

他にも"ネイティブがよく使う日常英会話"について、YouTube動画を作成されている

バンクーバー政府観光局大使である、AK-English Akane(あかね)さんの動画もおすすめ。

 

※より詳しくは>>『英語学習におすすめしたいYouTubeチャンネル』をご覧ください。

 

(ドラマを視聴する)Netflix

『おさるのジョージ』を視聴する

また月額料金はかかりますが、海外ドラマ・洋画が好きな方なら『Netflix』を使いましょう。

Netflixで単に作品を見るだけでも良いですが、より英語学習に活用するなら今回紹介した

シャドーイングやディクテーションに、挑戦してみることをおすすめします。

"海外ドラマ"や"洋画"で登場人物が話すセリフは、ネイティブが普段から使用する

「生きた英語」なので通常の教材のように、ゆっくり聞き取りやすく話してはくれませんが

何と言っても楽しみながら取り組めるので、好きな方は是非挑戦してみてください。

 

※より詳しくは>>『Netflix(ネットフリックス)を活用した英語勉強法』をご覧ください。

 

【さいごに】英語ディクテーションも練習してみる

今回は『英語シャドーイングのやり方・コツ』について詳しく解説してきました。

もし日常英会話・TOEIC・英検において、リスニングに課題を感じている人であれば

リスニング対策に効果的な、ディクテーションも一緒に取り組んでみてください。

毎日継続的に取り組めば、少しずつ「英語耳をつくる」ことが出来るのでおすすめです。

 

※より詳しくは>>『ディクテーションの正しいやり方(コツ)について』をご覧ください。

スポンサーリンク



-英語勉強法

© 2020 英語CAN.com